うずらのたまごの燻製

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>100均土鍋燻製

燻製伝説:3日目・鶉の卵

燻製伝説・3日目。今日は、鶉卵の燻製。ウズラの卵の燻製といえばコンビニの、おつまみコーナーでも売っているくらい一般的な燻製。これは美味しいに決まっている。またうずらは意外と茹でるのが難しくて、ここは水煮を使います。
・1日目:ベーコン燻製
・2日目:イカ燻製
・3日目:鶉のたまご燻製
・4日目 :スモークサーモン
・5日目:燻製たまご
【条件】
・仕込みは簡単である事。
・30分で出来る燻製である事。
・美味しく且つ酒のつまみになる事。
★5日間続けたら「伝説達成」。

■食材
・スーパーのウズラ水煮
■ソミュール液
・塩を適量
■燻製材
■燻製器
■工程表
・所要時間=3時間
→燻煙準備=1~3時間
→燻煙=30~40分
→冷蔵庫=1時間~1日
→完成

▼Let's 燻製伝説:うずら水煮を燻製

1
▼100円土鍋の燻製ポイント
基本煙が出たら食材をセット。そこから火を何分つけておくかで、仕上がりが変わってきます。※煙は火を消してから15~30分は出ます。
2
▼100円土鍋での燻製セット

ピート・サクラチップ・土鍋×2・アルミホイル・網といったところ。

3


▼燻製の準備

・アルミホイルの上に下記燻煙材をのせます。
・サクラなどの燻煙チップを1~1.5握り位。
・ピートを0.5握り位。
・かるくかき混ぜて燻煙材準備完了です!

4
▼トップバリューの水煮
うずら卵と言えば水煮。これに塩をかけたら、仕込みが終了と言う楽さ♪
5

▼脱水
パックから取出し、鶉卵の水分をキッチンペーパーでしっかり拭き取り、塩を好みの量全体に振る(量の目安は、自分が目玉焼きにかけるくらいの感覚で、振って下さい。つまり適量)後は必要であれば、好みのハーブやらスパイスを全体に振りかけて下さい。その後冷蔵庫で最低1時間乾燥させます。
6
▼脱水2時間完了
2時間くらいでも表面の水分が取れて良い感じです。網の上に乗せて準備完了!
7
▼ベランダ燻製開始

土鍋の蓋をしてカセットコンロで、中火~強火で煙が出る迄チップを燻します。だいたい8~10分で、もくもく煙ります。

8


▼弱火で燻製30分

1.煙が充分出たら味玉をセット。
2.土鍋の底をもう一つ使い蓋にする。
3.5分位さらに「もくもく」燻します。
4.5分経過したら消火して、アルミを被せて25~40分くらい放置で完成!

9


▼鶉くんたま完成

消火してから40分後。
いい感じで仕上がっています。燻製後1時間は冷蔵庫で寝かせましょう。それにしても100円土鍋での燻製とは、思えない色付き。淡麗が止まりません♪食べ方はそのまま食べるのがベスト。後は、軽く炙って、マヨネーズをつけて食べるのがおススメ。

燻製伝説!3日目
3日目:燻製おつまみ生活。
卵系の燻製と言えば、鶏か鶉。あとは魚卵のタラコ、イクラ、数の子、カラスミなど卵と燻製はあいますね。
明日は何の燻製にしようかな?もう一回、たまごで筋子と言うのもありだな。
上に戻る