丸鶏のスモークチキン

丸鶏のスモークチキン作り方

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>丸鶏燻製

クリスマスに盛り上がる燻製!

丸鶏のスモークチキンは、クリスマスや誕生日会などで食べると、盛り上がる一品。今回はロースト&スモークで仕上げた丸鶏スモークチキンの作り方です。時間はかかりますが、これは本当に美味しいので、是非挑戦してみてください。
ちなみに今回はコストコで丸鶏を購入しましたが、スーパーの精肉屋さんでも頼めば仕入れてくれます。
■食材
・丸鶏2kg
■ソミュール液
・塩…60g(容量の3%の塩)
・ブラックペッパー&ハーブ…適量
・砂糖…20g(塩の1/3)
■燻製材
■燻製器
■工程表
→塩漬け=1日
→熱乾燥=80~90℃で2時間
→燻製=80℃で2時間
→熱乾燥=80~90℃で1時間
→風乾燥=1日
※熱を入れるのに時間がかかります。
時短で作るなら熱乾燥を、燻製器でしないでオーブンを使って120℃で1時間。
燻製後の熱乾燥を200℃で45分。してください。

▼Let's 丸鶏のスモークチキン

1
▼ブロイラーの丸鶏
2kg1200円。コストコで購入。
2




▼風乾燥

・まずは軽く水洗いして血などを洗い流す。
・キッチンペーパー等で表面をふき取る。
・上記記載の分量で塩等をすり込む。ちなみに今回はクレイジーソルトを使用。これはかなり便利です。スーパーでも売っているので、あれこれ味付けを考えるのが面倒な方には、おススメ。
・冷蔵庫か冬場であれば、外で一日寝かす。

3

▼熱乾燥
一日後熱乾燥。80~90℃位で2時間熱乾燥します。その際電熱器に油が落ちないように脂受けのトレイを置くか、電熱器にチップ用の鍋を載せてください。
熱乾燥を2時間したら、温度は同じで2時間燻製。そして最後に1時間熱乾燥。
※丸鶏は熱を入れるのに時間がかかります。
時短で作るなら熱乾燥を、燻製器でしないでオーブンを使って、最初180℃で1時間。燻製後の熱乾燥を220℃で45分してください。
※追記:この後何度か作りましたが、これは燻製のみ燻製器を使って、焼き入れはオーブンの方がパリっと、旨く仕上がります。
4

▼燻製完了後1日冷蔵庫で寝かす
・熱乾燥90℃2時間
・燻製80℃2時間
・熱乾燥90℃1時間
合計5時間かけて完成したスモークチキン。時間がかかりましたが良い色です!燻製完了後は、外か冷蔵庫で1日寝かせます。
5

▼1日後
一日寝かせて完成です。 

▼Let's 丸鶏のさばき方

6






▼スモークチキンの切り分け方
写真のようにまずは、もも肉から切り分けていきます。
1.もも
2.手羽
3.胸肉
4.ささみ
5.ガラ
実食!
食べてみると、ローストチキンには無いスモーキーな香りが堪らないです。ピートの香りがマッチしていますね。大人数でのパーティーには絶対人気の一品になります。家族で食べるのもいいのですが、飲み会などでもおススメです!
7
▼蓋つきBBQコンロでロースト&スモーク

丸鶏と言えばアウトドアやBBQで、蓋付きBBQコンロで燻製&ローストをするとかなり美味しく仕上がります。炭火+スモークの出来たての旨さに勝るものはないですね。
※炭火でスモークをするときの燻製材は、サクラのチャンクとピートブロックがおススメ。もしチップしかない場合は、空き缶の中にチップを入れてから、網の上におけばOKです。これでも十分燻製が出来ます。

上に戻る