ローストチキン燻製

鶏もも肉のスモークチキン

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>100均土鍋燻製器

ダイソーの100円土鍋でもスモークチキンが出来る。

クリスマスにローストチキンを作るのは定番である。 しかし世の中一人では行ってはいけない事がある。例えば…
一人焼肉。一人キャンプファイヤー。一人TDL。彼女もいないのにクリスマスやバレンタインの日に有給。…そしてクリスマスに一人ローストチキンを仕込む。
今日は一人で燻製ローストチキンを作ります。

■食材
・鶏もも肉300g
■ソミュール液
・塩-12g(肉の容量の4%)
・ブラックペッパー適量
・ガーリックパウダー適量(無くてもOK)
・バジル適量(無くてもOK)
・オレガノ適量(無くてもOK)
・チリペッパー(無くてもOK)
・ガラムマサラ(無くてもOK)
・クミンシード(無くてもOK)
■燻製材
■燻製器
・ダイソーの100円土鍋
■工程表
・所要時間=3日間
→塩漬け=1日
→塩抜き=1時間
→風乾燥=6~8時間(冷蔵庫)
→熱乾燥=30分(中火)
→燻煙=30分(弱火)
→冷蔵庫=1日
→完成

▼Let's 鶏ももスモークチキン

1
▼100円土鍋で燻製
使うのはこんなところ。チップは燻製の定番。ピート+さくら。
2
▼鶏もも肉購入

100g70円。300gで210円。安いです。

3



▼ソミュール漬け
上記記載の塩と好みのハーブ&スパイスを、もも肉にすり込むみジップロックに入れる。その際白ワインを少量入れると、薫りが良くなる気がします(無ければないで問題無いです)。ジップロックに入れたら冷蔵庫で1日寝かせます。
4

▼1時間塩抜き
塩抜きは、流水できれいに洗い流した後、ボウルなどに水を張って1時間行います。1時間したら肉の端を切ってフライパンで焼いて味見をします。コの時ちょっと薄いかなって位がちょうどいいです。味が塩辛かったら薄味になる迄塩抜き続行。とはいっても、2時間もすればまず薄味になります。
5

▼冷蔵庫で風乾燥6~8時間
塩抜きが終わったら、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取り、バットにのせ冷蔵庫で6~8時間は風乾燥させます(冬場であれば日陰で乾燥させてもOKです)。
6


▼熱乾燥30分
冷蔵庫から取出した、もも肉をセットして中火で30分熱乾燥します。途中10分毎にキッチンペーパーでもも肉から出る肉汁を、拭き取ります(結構出ます)。
※土鍋に収まらないので皮面を外にしてもも肉エを二つ折りしています。
※熱燻だと熱乾燥は基本しないのですが、この100円土鍋燻製の場合肉汁を受ける事が出来ないため熱乾燥は、必須になります。
7





▼熱乾燥が終わったら燻製スタート

熱乾燥が終わったら一旦蓋を取り、燻煙材の準備をします。
▼燻煙材の準備
・アルミホイルの上に下記燻煙材をのせます。
・サクラなどの燻煙チップを1~1.5握り位。
・ピートを0.5握り位。
・かるくかき混ぜて燻煙材準備完了です!

▼燻煙開始
・中火~強火で8~10分程燻します。
・充分煙が出たら弱火にしする。
・網を敷いて、もも肉をセットする。
・そのまま弱火で30分燻製。
※弱火でも160℃位になります。
・10分毎にキッチンペーパーで肉汁を拭き取る。
・30分後完成!

8


▼燻製

完成です。コの時一応火の通りを確認して下さい。火が通っていなかったら、もうしばらく続行。もしくは、燻香は十分なのでオーブンで焼いてください。後は、すぐに食べてもいいのですが、冷蔵庫で一晩寝かせて完成。

9

ローストチキン燻製
▼スモークチキン完成

冷蔵庫で1日寝かせて完成。
色見もさらに良くなって、まさにローストチキン風。しかもピートの燻香はヘビーに薫る!100円土鍋でも、本格燻製が完成しました。
食べてみると、いや~めっちゃスモーキーでジューシー。そのまま食べても良いのですが、軽くフライパンやオーブンで焼いて食べるのがオススメ。本日は軽くフライパンで焼いて、パンに挟んでスモークチキンサンドにして食べました。

100円土鍋燻製のポイント

100円土鍋燻製は、如何に肉汁や水分を燻煙材に落とさないかがポイント。多少落ちてしまうのは仕方ないのですが、受けが使えないので塩漬けや風乾燥をしっかりして、熱燻でも熱乾燥が必要であれば行う。燻煙中はまめに肉汁を拭き取る。若しくはもともと水分の少ない食材を使う。といったところです。

!
燻製チーズ
CLUB SMOKEより告知
2017年12月18日よりスモークチーズの販売をいたします。
CLUB SMOKEを開設したのが2009年。8年の期間を経て完成した最香峰のスモークチーズです。よろしくお願いいたします。→スモークチーズ商品サイト。
上に戻る