自作キッチン用ステンレス燻製器

キッチン用大容量燻製器を自作

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>キッチンスモーク

丸鶏も燻製可能!業務用でも使える大型サイズ!

基本構成はダイソー(100円ショップ)で総額600円で揃う。
※正規の使い方ではないので、個人の判断でご使用ください。
※調理に慣れていない人は、危険です。キッチン燻製をしないでください。
■基本部品構成
・ボウル30size-ダイソー=250円×2
・丸網300㎜-ダイソー=100円
■オプション構成
・蓋の取っ手‐ホームセンター=100円~
・取っ手取付用ビスとナット
温度計=500~1000円
■燻製材
■使用道具
・電気ドリル
・6㎜のドリル(温度計用貫通穴)
・取っ手取付用ドリル(取っ手に応じ)
■耐久性
・頻度と火力によるが数十回は使える。
・底の劣化が早い。底は土鍋等がいい。
■特長
・丸鶏まるまる行ける大型サイズ
・煙が意外と出ない。安い。手軽。

▼ガスキッチンに適した大容量燻製器

1
▼キッチン燻製は必ず換気扇を回す事!
道具は100円ショップで全て揃います。ただし底部は、劣化が早いので耐久性と安全性を考えるなら、不要な土鍋、フライパン等を使用した方が良い。
オプションとして、蓋に取っ手の取付と温度計があれば完璧である。
使い方
燻製チップはボウルに直置きして使う。燻香を一瞬でつけたい時に最適な熱燻専用の燻製器。香りがエグく強すぎるので燻製時間は30分まで。ローストや焼きが必要な場合は、別途オーブンやフライパン等を併用する。
特長
・熱源がキッチンのガスコンロなので火力が強い。150℃位は一瞬で上がる。煙も1分で大量に出る(チップは必ず、ボウルにじか置き)。その為5分の燻製でも一瞬で燻製の香りが付く。瞬間燻製に最強のパフォーマンスを発揮する。
・径300㎜の丸網とボウルの高さ。市販のキッチン燻製器より一回り大きい容量。丸鶏がそのままイケる。普段燻製をしている人なら納得の大きさ。
注意点
・正規の使い方ではないです。使う際は自己責任で。
・ボウルが軽すぎて不安定。
・ガスの火は中火迄。
・熱燻製でもできれば、燻製後1日は寝かせましょう。
2
▼取っ手はボルト一本でもOK
取っ手がないと蓋が取りづらいので、M4位のボルトを1本取り付けるだけでもOK。温度計はあるとやはり便利ですね。丸鶏のスモークチキンなどロースト&スモークで仕上げたい食品には必需です。

▼キッチン燻製実践:チーズ

1
▼ボウルにチップとピートを入れて中火で3分
※必ず換気扇を回します。
チップを一握りとピートをその半分くらい入れます。中火にして3分くらいで煙が出てきます。煙が出たらチーズをのせて蓋をします。
2
さけるチーズと6pチーズ
▼15~20分燻製で完成
チーズを投入してから弱火にします。
そのまま15分位弱火。もしくは5分後くらいに消化しトータル20分燻製をします。20分後蓋を開ければ、あっという間に完成です。

▼キッチン燻製実践:骨付きもも肉

1
▼20分燻製後オーブンで仕上げる
10~20分の燻製後オーブンでロースト。簡単に燻製風味ローストチキンの出来上がりです。これは圧倒的に旨いです。ちなみにオーブンでローストした後、軽く燻製をしてもOKです。
その他おすすめレシピ
・焼き魚系。
燻製した後にフライパンやオーブンで焼けば簡単に燻香をつける事が出来ます。アジ・ホッケの開き。さんま・鰯・銀鮭辺りは抜群に旨いです。
・冷凍食品。
餃子や焼売などの冷凍食品などの簡易燻製も向いています。
・たたき。
鰹のたたきなど炙りながら燻すものも得意な燻製器です。
★瞬間燻製。
刺身を1~3分燻製して作る燻製カルパッチョは絶品です。大量の煙を短時間で排出できるこの燻製器が最も得意な燻製です。

▼キッチン燻製レシピ集-LINK
▼手作り燻製器集-LINK

上に戻る