青カビチーズの燻製作り方スモーキーフレーバー燻製チップと燻製器販売

ゴルゴンゾーラを燻製

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>燻製ブルーチーズ

青カビチーズを燻製にするとおいしいのか?

ゴルゴンゾーラの燻製自体イタリアで製造も販売もされている。
食べたことはないが、おそらく燻製をする事で外皮を作り、熟成を長くしたり、雑菌の侵入を防ぐことが出来るメリットがある為かと思う。あとは…変化球でしょうね。多分(笑。
ゴルゴンゾーラとは
イタリアの青カビチーズ。
世界三大ブルーチーズ(スティルトン、ロックフォール、ゴルゴンゾーラ)として有名。日本でもおなじみのブルーチーズで、最近ではちょっとおしゃれなスーパーでも購入できるようになった。辛口のピカンテと、甘口のドルチェがある。
■食材
・ゴルゴンゾーラ
■ソミュール液
・無し
■燻製材
■道具
■工程表
・温燻(50℃)で2時間
・冷蔵庫で1日冷やす
・完成

▼Let's ゴルゴンゾーラ燻製!

1
ゴルゴンゾーラピカンテゴルゴンゾーラ
▼少々寝かしすぎたゴルゴンゾーラ。
ゴルゴンゾーラを購入し冷蔵庫に放置しすぎたため、外皮が赤みがかっている。今回は150g程を燻製してみる。
2
燻製ゴルゴンゾーラ
▼網に乗せて燻製開始。50℃2時間
今回直で網に乗せましたが、クッキングシート等を敷いたほうが良いです。
チップは定番のサクラとピート。
※燻製時に乳脂肪が落ちます。
3
燻製ブルーチーズスモークブルーチーズスモークゴルゴンゾーラ
▼完成!
燻製2時間後。
いい感じに燻されています。この後1日冷蔵庫で寝かせてから食べてみると、クリーミーなゴルゴンゾーラに燻香が絡み合い抜群においしい。
さらにカットしている面に、外皮が作られる上に、熱により青カビが死ぬので、熟成が止まり、保存性もアップする。
これは手間ですが燻製する意味があります。

ただ結論として…ゴルゴンゾーラは燻製なんてしないでそのまま食べるのが一番である!間違いない(笑。
上に戻る