アナゴの燻製スモーキーフレーバー燻製チップと燻製器販売

燻製アナゴ寿司の作り方

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>穴子の燻製

穴子を燻製にする。

穴子を燻製して燻製穴子寿司を作る!これは本当に美味しいです!燻製された穴子は脂身の旨み+スモーキーさが加わり最高の味わいに!これにたれを付けて燻製穴子寿司にすると本当にたまりません!
■食材
・穴子
■ソミュール液
・塩
・燻製後タレを付ける。
■燻製材
■道具
■工程表
■所要時間=10分
→振り塩
→風乾燥=24時間
→燻煙=30分(80~120℃位)
→風乾燥=6時間(今回は12時間)

▼穴子の燻製作りスタート

1


▼市販の穴子を購入

とりあえずスーパーで売っている穴子を購入!
振り塩で穴子のぬめりを取り且つ脱水させます。1日冷蔵庫で寝かせます。
一日後軽く塩抜きして、ピート+サクラチップで30分80度で熱燻製!後は6時間から1日風乾燥をしたら完成です。
食べ方
そのまま食べてもいいですが、醤油タレなどに付けて燻製穴子寿司などで食べると本当に美味しいです!スモーキーさを纏った穴子を醤油の甘ダレで!めっちゃいけます!
穴子とは…!?
特徴は、体型はウナギに似た細長い円筒形だが、鱗がない点で異なる。さらに食べた時の味は大きく異なります。燻製としてはどちらも美味な味わいに仕上がります。成魚の全長は30cmほどのものから1mを超えるものまで種類によって異なります。 分布としては熱帯から温帯の海に広く分布する。 生態は、夜になると泳ぎだして獲物を探す。食性は肉食性で、小魚、甲殻類、貝類、頭足類、ゴカイなどの小動物を捕食するが、チンアナゴ類はプランクトンを捕食する。
昼間は海底の砂泥中や岩石のすき間にひそむ。砂泥底に生息する種類は集団を作り、巣穴から頭だけ、もしくは半身を海中に乗り出している。和名の「アナゴ」はこの生態に由来します。
産卵は小卵多産で、浮遊卵を産卵する。卵から生まれた稚魚はレプトケファルスの形態をとり、海中を浮遊しながら成長する。変態して細長い円筒形の体型になると底生生活に移り、各々の種類に適した生息域に定着しています。
穴子料理のたち位置
日本料理において、マアナゴはウナギと同様に開き、天ぷら、蒲焼、寿司種、八幡巻、燻製穴子などで食べられている。一本丸ごと揚げた天麩羅は天丼や天ぷらそばなどに乗せると丼からはみ出す様が見栄えがし、価格も手ごろなため、名物としている店も多い。
江戸時代から東京湾の羽田沖で捕れたものが江戸前の本場物とされ、現在でも東京湾岸各地で漁場となっている。また、瀬戸内海で捕れたものなども地元や関西地方で珍重されている。
岡山県の郷土料理として生の幼魚(ノレソレ)をポン酢で食べる「ベタラ」がある。またピートで燻製した穴子はかなりの美味で、近年握りずしなどで食べられている。
上に戻る