燻製用ピートの使い方

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>ピートの取扱説明書

使い方はウッドに乗せる。チップに混ぜる!

ピートの使い方は、簡単です。使用する燻製材にブレンドするだけ。スモークウッドであれば、上に乗せる。スモークチップであれば混ぜるだけ。これだけで全ての燻製が、簡単にスモーキーフレーバーをまとい、酒のつまみになります。
ピートとは?
【世界で最も高価な燻製食の燻製材】
ピートはスコットランドで古くから燻製材として使われてきました。コールド・スモークサーモンの起源はピートで燻製されたサーモンです。またスコッチウイスキーのモルトも、ピートで燻されています。
ピートは世界中にある燻製材の中で、唯一香りに「スモーキーフレーバー」という固有の名称が、与えられています。ピートで燻したモルトウイスキーは、フェノール値(ピートの香りの強さ)によっても、価格が変わってくる事がある。BARで飲めばワンショット(30ml)5,000円以上するものも、珍しくない。もちろんこれには、熟成年数や希少性も大きく起因するが、ピートが世界で最も高価な燻製食を、燻し続けている事は間違いない。
スモーキーフレーバーとは?
今現在、ピートをお持ちであれば、燻製チップかウッドに火を着けてから、ピートを一握り燻製材に混ぜてください。10秒後、明らかに木系の燻製材とは異なる、重厚で個性的な香りがします。これがピート香。すなわちスモーキーフレーバーです。
ピートの燻製1回の使用量
★使用する燻煙材の重量に対し、加えるピートの量で様々な味わいになります。
・10~20%のピート…ライトなスモーキーフレーバー。
・20~30%のピート…標準的なスモーキーフレーバー。
・30%以上のピート…ヘビーなスモーキーフレバー。

▼図解:ピートの使い方

1

▼スコッチのスモーキーな香りを燻製に。
普段使う燻製材に少量混ぜるだけで、簡単にスモーキーフレーバーの燻製になります。ピートの特徴はなんといっても、個性的な強烈スモーキーフレーバー。ピートの主な特徴を下記にまとめました。
★酒が美味しく飲める燻製が作れる。
・世界で最も高価な燻製材。
・香りが強いので冷燻でも2時間で充分。
・アウトドアなど手早く仕上げたい燻製に最適。
・強烈フレーバーの為、子供には不人気。
2
▼スモークウッドには乗せるだけ。
ウッドに火を着けてから、ピートを乗せてください。上に載らないピートはウッドの下に。
3
▼チップはブレンドしてから燻製。
ベースとなる燻製チップは、なんでもOKです。ピートを混ぜて使うだけです。チップ皿に入れてからピートをブレンドすればOKです。
4

▼ウッド+ピートで燻製
ピートを乗せる事によって、ウッドの火の付きも良くなります。途中で火が消える事はありません。※ピートは炭化が進んでいる為一度火が付くと、燃焼するまで消えません。
5
▼ピートの香り詳細
スモーキーフレーバー
スモーキーフレーバーとは、スコットランド産モルト用ピートの香り。スモーキーフレーバーと呼べるピート香は、スコットランドにのみ存在する。 年間を通して寒冷な気候と海水、そしてヒース。数千年をかけてゆっくりと炭化したピートのみが出せる香りです。
スコッチを代表する香り
実際スモーキーフレーバーとはどんな香りなのか?
スコッチ好きの方ならピンと来ると思いますが、強烈で個性的な煙の香りです。その為スコッチウイスキーのラフロイグには、「好きになるか、嫌いになるかのどちらかだ」というキャッチが、ついているくらいです。
スモーキーとピーティ
世界各国のブレンダーは「スモーキー」という香りをさらに3つに分類している。
➡ピーティー
・スモーキーの中でも特に良い香り、燻製のような芳しい香り。
➡メディシナル
・ピートに含まれる成分(海草由来の成分や海の水分)に由来する薬品臭(ヨード香)の香り。
➡ハーシュ
・あまり感じの良くない香り。
このようにピートは、強烈で個性的な香りだが、実は繊細で奥が深い。 だから嵌る人はとことん嵌る香りである。この香りを実感するには、スコッチならアイラ系のシングルモルト。燻製ならもちろんピートスモークパウダーで(笑。とちゃっかり宣伝しておきます。
2009年9月15日.燻製職人タカハシ。
上に戻る