燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>簡易ダンボール燻製器の作り方

簡単!5分で作る自作ダンボール燻製器

ダンボール燻製器というと簡易的な物を想像しますがこれはさらに簡易的な燻製器。
自宅で使うのもいいのですが、アウトドアでの燻製に本領を発揮します。 本格的なスモーカーを持って行くのは手間ですがダンボール燻製器であれば帰りは折畳めてコンパクトになる。なんなら可燃ゴミとして捨てていってもOK。アウトドア前にホームセンターでダンボールと網を購入するだけで準備は完了だ。

準備するもの&工程表
使用する道具
ダンボール
カッター・ガムテープ
燻製材
工程表
所要時間:5分
1.道具の準備
2.けがき
3.切り目を入れる
4.網を差し込む

簡易ダンボール燻製器の作り方

最悪網と段ボールさえあれば何とかなる。
ダンボールと網をホームセンターで購入400円程。ダンボールは敢えて買わなくても自宅にある物でも可。ポイントはダンボールより大きめの網を準備する事。
ただしダンボールより小さい網しか無い場合はダンボールに網の幅より少し狭い間隔で長い棒を2本差込みその上に網を乗せる形でもOK! 
高さ230mmの所に切れ込みを入れる。
ダンボールの側面に、底から230mm位の箇所にカッターで切れ込みを入れる。
切れ込みに網を差込む
網をダンボールで支える感じになります。

完成!所要時間5分。
蓋の開き具合で温度&煙調出来ます。
燻製の悩みの種でもある水分はダンボールが吸収してくれる。簡単ですが段ボール燻製器ってかなりの優れもの!

実戦!アウトドアで簡単本格的燻製!

スモークウッドに火をつける。
熱源はスモークウッド!アウトドアでは電気コンロやガスコンロを持って行くのはかなり手間。そこで一度火を着ければ線香の様に燃え続け一定の温度と煙が出て来るスモークウッドが最適!因に火の付け方はガスバーナーなどでウッドの端を火で炙る。バーナーが無い場合は新聞紙などを燃やしてウッドを燃やす。ちなみにチャッカマンでも出来ますが結構しんどい。
写真は家庭のガスコンロで炙っています。だいたい3~5分も炙ればOKです。 

 
アルミホイルの上に着火しているウッドを乗せピートをふりかける。
3回程折り曲げたアルミホイルの上に着火しているスモークウッドを乗せる。その上からピートを1~2握り分のピートを乗せる。これで燻製がかなりおいしくなる! ※写真は撮影上着火していないスモークウッを使用しています。
段ボール燻製器を上から被せます
先程作った段ボール燻製器を上からスモークウッドに被せます。ポイントは段ボールは風が吹いただけで飛んで行ってしまいますので底蓋を写真の様に広げ石など重しを乗せる。
 
手軽な燻製食材
今回作った燻製器であれば外気によりますが、ウッド1本使いで温度は40~60℃位。ということで燻製を簡単に作るのであれば出来合いの仕込みがいらない物がオススメ!
・ウインナー&ソーセージ&フランクフルト
・厚切りハムやベーコン 
・スパム(コレが意外と旨い)
・プロセスチーズ
・出来合いの焼豚
・ハンペンや竹輪などの練物
・タラコ
・挽肉を燻してカレー に入れる…などなど。アウトドですぐに食べれる食材がベストです。
 
食材を網に乗せ蓋をして1時間スモーク!
食材を乗せ蓋をガムテープなどで止めてスモーク!今回の食材であれば1時間位で充分。
※ダンボールなので火に注意して下さい。昔離れて戻って来たら重しをしていなかった事も有り転倒しダンボールが燃えた経験が有ります。

その他簡単段ボール燻製器!

簡単ダンボール燻製器
箸や木の棒やBBQの串なんかを2本貫通させその上に網を置く。網が無ければざるや籠でもオッケー!これはかなり簡単ですが充分燻製できます。
簡単ダンボール燻製器
ダンボールの四隅を竹串や箸などで貫通させ(赤囲み部)その上に網を置く。これも簡単ですが充分本格燻製が出来ます!
とりあえず網とダンボールを用意して網の方が大きかったら網をダンボールに差込。網の方が小さかったら箸や串をダンボールに差込、網置きを作りましょう。
手作り燻製器のまとめ
上に戻る