タコ燻製の作り方レシピ

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>定番たこくん

蛸燻製は自家製が一番

つまみの燻製と言えばコンビニでも売っているタコ燻!タコの燻製です。ただコンビニ等で売られているタコクンは、燻液に漬けて燻香を付けた言わば人工的な物です。だから本当に燻製したタコはコンビニ等で売られているタコ燻とは比べ物にならない味に仕上がります。コレは個人的な意見では有りますがタコの燻製は最高のつまみになります。ピートのスモーキーフレーバーが香り、弾力がある食感にほんのり甘みのある味わい。本物のタコ燻はかなり美味しい!
タコの燻製決定版!
■食材
・ゆでだこ500g
■ソミュール液
1.水…400cc
2.塩…40g
3.三温糖…20g
4.ローリエ…3杯(無くてもOK)
5.みりん…50cc
6.白胡椒…小さじ1
7.醤油…大さじ2(無くてもOK)
8.白ワイン…100cc(無くてもOK)
■燻製材
■道具
■工程表
・所要時間=1日間
→塩漬け=3時間
→塩抜き=1時間
→風乾燥=2時間(冷蔵庫でも可)
→燻煙=1~2時間(40~50℃位)
→風乾燥=12時間(冷蔵庫でも可)

▼Let's 蛸燻製

1
▼ゆでだこ購入
タコは丸ごと購入すると下処理がいる為ゆでダコの切り身を購入。これだと見た目のパンチは無いのですが、いきなり使えるのでかなり楽です!
2
▼ソミュール液作り。
上記記載の材料を混ぜ合わせ一度煮立ててから冷める迄待ちます。
3
▼ソミュール液に漬けこむ
ソミュール液が冷めたらタコをジップロックに入れソミュール液を注ぎ冷蔵庫へ3時間程漬込む。
4
▼塩抜き
ソミュール液から取出し軽く胡椒等を洗い流し、流水を流しながら塩抜き。目安は0.5時間。
5
▼風乾燥
キッチンペーパーで水気をふき取り、冬場であれば風通しのいい日陰で2時間程。若しくはタコをバットに置き冷蔵庫へ2時間程脱水。ここでしっかり水分を取らないと煙がしっかり乗らない。
6

▼燻製工程
ウッド+ピートで2時間燻製。温度は適当でOKですが大体50℃位。魚介系の燻製に魚臭さを消すピートは欠かせません。
7
タコの燻製一斗缶
▼完成。
燻煙2時間後。途中1回タコを裏返しして下さい。良い感じに仕上がりました。そのまま食べてもいいのですが、ここは我慢して冷めたら、キッチンペーパーで挟んでバットに置き冷蔵庫で、12時間寝かせます。余分な水分が取れることにより、煙のトゲトゲさが旨味に変わります。ちなみに冬場であれば風通しの良い日陰で風乾燥してもOKです。
▼スモーク鮭・鱒レシピ集-LINK
上に戻る