燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>夏燻製の作り方

真夏の燻製レシピ!外気温37℃で作るスモークチーズ

夏は燻製に適さないシーズンと思う方も多いと思うのですが、答えはNO!
温度が高い分スモークウッドだけでも熱燻に近い仕上げが可能。つまり30分位で色付きのいい燻製が仕上がるのだ。BBQ、キャンプなどアウトドアで燻製を作り出来たてを食べる。そしてビールを飲む。最高である!

準備するもの&工程表
使用する食材
雪印ファミリアチーズ
雪印ファクトリーチーズ
ナッツ類
燻製材
工程表
所要時間:30分
1.下処理なり
2.ウッドで燻製30分
3.完成
4.出来立てを食べるも良し
5.1日寝かせるも良し

真夏にスモークチーズを作る


熱に強いプロセスチーズを準備
今回は雪印のファミリアチーズと業務用ファクトリーチーズ。
毎度のことですがスモークチーズはチーズ選びが最重要ポイント。同じプロセスチーズでも、クラフトの切れているチーズやとろけるチーズなど熱に弱いチーズは絶対NG。市販品でいろいろ試してきましたが初心者におススメのスモークチーズの素材は!?
・雪印ファミリアチーズ
・雪印ファクトリーチーズ
・雪印6Pチーズ
・雪印ベビーチーズ
・QBBベビーチーズ
・QBB業務用チーズ
・明治ニュージーランド業務用チーズ
上記チーズは100度くらいの熱燻製でも20~30分持ちます。




チーズの下にアルミホイルを敷く。ナッツはざるに入れる
チーズのサイズに合わせて切ったアルミホイルを敷く。ナッツはざるに入れて熱源に近い下段に入れる。ナッツはロースト&熱燻が美味しいのだ。
サクラのスモークウッドにピートを15グラム乗せる。
ガスコンロやガスバーナーでウッドに火をつけてからウッドの上にピートを乗せる。これで約2時間の薫煙準備が完了!それにしてもすでにピートのスモーキーフレーバーが漂う。
ウッドをスモーカーにセット!
これで蓋をして2時間の燻製開始!ポイントはチーズに付く水滴を30分おきくらいにキッチンペーパーでふき取ることと、ナッツを適度に混ぜること。

外気温37℃。スモーカー内50~70℃
1時間位いぶした感じ。さすがに真夏!気温37℃でスモーカー内は70℃超え!しかし上段のほうは熱源から遠いため多少温度が低い。写真を見る限り中段のスモークチーズは、溶けて角にRがついているのに対して、上段のチーズはエッジがしっかりついている。

2時間の燻製完了
ナッツはかなりいい感じ!上段のチーズもバッチリ!中段のチーズはギリセーフ!
★真夏にチーズを燻製した際の結論!
→スモーカー内の温度は50~60℃位が最適であるが、70℃位でも2時間は大丈夫。
ということで温度管理が難しいスモークチーズの温燻をほぼ完璧に作る事が出来ました。
是非キャンプやバーベキューで挑戦してみてください。熟成させたスモークチーズもいいのですが、出来立てのトロトロスモークチーズも最高です。ナッツに至ってはスモーキーで香ばしくお酒のつまみに最適です。
※夏場はウッドで熱燻製も可能です!
小さい燻製器を使えば夏場ならウッドだけで100℃以上出す事も可能です。工夫次第で冷薫以外の殆どの燻製を作る事が出来ます。

 
後は2日間冷蔵庫で熟成!。
残った物は持ち帰って熟成だ!
やはり一番美味しく食べるなら最低2日は冷蔵庫で寝かせたい。
冷蔵庫で寝かせて2日後。完璧である!
パッケージに入れ直し蓋をしてから、冷蔵庫で寝かせたので形はバッチリ!ちなみに手前の1個はブラックペッパーを振りかけています。これがまた美味しいです!色味もかなり落ち着いていい感じ。
早速食べてみるとチーズ、ナッツ共にピートのスモーキーさが抜群に出ていて最高。ピートは他の燻煙材に比べ香りが強いので、短時間燻製でもバッチリ香ります。

スモチの究極レシピだ!オリーブオイル漬け!
スモークチーズのオリーブオイル漬け!1日漬けるだけで、オリーブオイルは燻製オイルとなりパスタやピザやカルパッチョに最高!チーズはまろやか激ウマ。そのまま食べても良いのですがスライスしたトマトと共に食べると、超絶旨いです!ワインかビールかウイスキーか。。。悩む。
※ これは簡単で美味しいので是非お試しください。
スモークチーズレシピまとめ
上に戻る