燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>一斗缶燻製器の作り方

自作!1斗缶で燻製器を作る

燻製に挑戦してみたいけどいきなり高価なスモーカーを買うのはちょっともったいない。
かといって段ボールを使って燻製するのもちょっと嫌だなと言う方へ!一斗缶(18リットル缶)を使って自作のスモーカーを作ってみてはいかがでしょうか!?一斗缶を使えば正直かなり高性能なオリジナルスモーカーも作れます。今回はまず一斗缶1個を使って簡単なスモーカーの作り方を紹介しますが、例えば2~3個使いタワーにすればかなり大型のスモーカーも出来ます。器用な方は色々工夫して作ってみてください。

準備するもの&工程表
使用する道具
一斗缶
電ドル、ドリル、ジグソーor缶きり
網、ボルト、ナット
燻製材
工程表
所要時間:30分
1.道具の準備
2.けがき
3.穴あけ
4.ボルト締め付け

1斗缶スモーカーの作り方

燻製器-画像
図面を参考に完成!
ちなみに使用したドリルはM6のボルトを通す為なので6.5mmにしましたが、M8のボルトを使うなら8.5とか9辺りでもOKです。一斗缶下部の穴は空気を通す穴の為特に寸法にこだわらなくざっくばらんでOK。要は空気が通れば問題無しです。
スモーカー画像
バリが出ているので処理する
蓋部のバリはハンマーで叩くかやすりで処理しておきましょう。ちなみに蓋付の一斗缶があるなら蓋のカットをしなくていいので楽です。あとボルトは長すぎましたね。40mm位でOKです。
手作りスモーカー画像
22mm角網がベストサイズ
網は22mm角が丁度いいのですが大きい物しか無い場合は角を曲げて使用。 
手作りスモーカー画像2
立派な燻製器の完成
蓋は燻製時そのまま流用出来ますがアルミホイルなどでもOKです!

1斗缶スモーカーの耐久年数は1年

耐久年数は使用頻度にもよりますが、月一くらいで使って、ベランダ等屋外に放置ですと、1年でボロボロに錆びます。また底部が熱と水分で錆びて穴が開きます。
底に穴が開いたら変え時のサインです。
手作り燻製器のまとめ
上に戻る