スモークターキー

スモークターキーレッグの作り方

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>七面鳥の燻製

パーティー系に最適な燻製。

日本では、ディズニー・チャックワゴンのスモークターキーレッグが、一番有名であろう。ただ実際スーパーで七面鳥のもも肉が並ぶことはほとんどない。唯一あるとするならクリスマス前の1週間。
つまりこの週に購入して、スモークターキーレッグを作りましょう!味は…スモークチキンをはるかに凌ぐうまさです。
■食材
・砂肝10個程度
■ソミュール液
・塩…60g(魚の容量の4%の塩)
・砂糖…30g(塩の半分)
・チリペッパー…多めに
・ガーリックパウダー…適量
・ブラックペッパー…適量
・ハーブ…好みのものを適量
・白ワイン.…200cc
■燻製材
■燻製器
■工程表
・所要時間3日
→ソミュール漬け=1日
→風乾燥=外で1日(風のある冬限定)
→熱乾燥1.5時間-100度
→燻製2時間-70~90度
→風乾燥=外で1日(風のある冬限定)
→完成

▼Let's スモークターキー

1
ターキーレッグ
▼七面鳥もも肉を購入。
普段ターキーなんか売っていないのですが、この日はクリスマス!ターキーレッグが1本980円で売っていたので、2本購入。
2


▼塩漬け

・上記ソミュール材料をジップロックへ入れ、一旦チャックしてシェイクします。
・ジップロックへターキーを投入。 もみもみします。
・再びチャックをして冷蔵庫へ。1日寝かせます。

3

▼塩抜き0~0.5H
1日後冷蔵庫から取り出し、流水で洗いした後、水をはったボールに移し変えます。ここから塩抜きですが…
・濃い目が好きな人はある程度洗い流しただけで、塩抜き無しでもOKです。
・薄口な人は水をはったボールを冷蔵庫へ入れ30分位塩抜きします。
ポイントは一度焼いて味見をしてみること。ここでの見極めが仕上がりの味を左右しますのでシビアに行きましょう!
4


▼24時間脱水
キッチンペーパーで水気をふき取り、紐で縛って外で24時間放置(冬場限定)。丁度ハンガーなんかを使ってベランダに干すと便利です。
5
▼外で1日脱水
上の脱水前の写真とみると、かなり色が変わっている。かなり脱水がされている。ちなみにこの日は気温1℃。風が強く風乾燥には最適でした。
6
▼熱乾燥100℃1.5H
熱乾燥を100℃で1~1.5時間します。もしオーブンがあるなら200℃45分位で焼き上げると、パリっとした表面の仕上がりになります。
7

七面鳥燻製
▼燻製工程

熱乾燥後、ピート+サクラチップで70~90℃で2時間燻製。
★ポイントは、じっくりロースト&燻製を行うこと。熱乾燥1.5時間+燻製2時間で合計3.5時間もかかります。手間はかかりますが、仕上がりは写真のように完璧です。

8
自家製ターキー燻製
クリスマス燻製・ターキーレッグの燻製
▼風乾燥

1~3日しっかり風乾燥しましょう。しっかり脱水出来ると、旨みが凝縮されて最高に美味しいです。

9


▼完成:ピートの香りがたまりません。

これをクリスマスに家族で食べる方は、絶対子供が喜びます!
イオンなどのスーパーに売っているものとは、比べ物にならない位、本当に美味しいです!ターキーはやはり燻製が合います。ちなみに味はチリペッパーが効いてスパイシーでピートのフレーバーが強烈に香る仕上がり。とにかくめっちゃ旨いです。

酒のつまみにするなら!

ナイフで切って食べるのが一番。あとはバーボンがあれば言う事無いです。

上に戻る