ポークジャーキーの作り方まとめ

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>燻製豚肉ジャーキー

豚ももかロース肉どちらが旨い?

ポークジャーキーを作ってみました。それほど変わり種では無いのですがとりあえず初挑戦のポークジャーキー。ビーフジャーキーなら牛もも肉なのですが、ポークジャーキーならどこの部位が合うのか!?とりあえずもも肉と肩ロースで作ってみましたが…これがかなり旨い仕上がり!ピートが豚肉をスモーキーに仕上げワイルドなポークジャーキーに!これはオススメです~。
■食材
・豚もも肉…200g
・豚肩ロース肉ブ…200g
■ソミュール液
・所要時間=3日
→塩漬け=12時間(ソミュール液)
→塩抜き=30~50分
→風乾燥=12時間
→熱乾燥=2時間(60~70℃位)
→燻煙=1~1.5時間(50~60℃位)
→冷蔵庫=12時間
■燻製材
■燻製器
■工程表
・所要時間=1週間
→塩漬=1日
→塩抜き=0時間・洗い流すだけ
→脱水=1日
→燻製=2時間-70℃
→脱水=5日(冬限定外で)
→完成

▼Let's ポークジャーキー作り

1
▼ソミュール液作り
上記ソミュール液の分量を煮立てて、冷ませたら完了です。
イロイロ細かいの入れていますが、香辛料系は無しでもOK。お好みで。
※但し有る程度コツを掴んで来たら、香辛料をイロイロ入れて、オリジナルソミュール液を作る事をオススメします。奇跡のソミュール液に出会う事もあります。
2
▼豚肉スライス購入

今回も安いアメリカ産の肉を、タイムサービスでさらにお安く購入。ウチには切れる包丁が無いので、スライスしてある肉は便利です。ちなみに左がもも肉。右が肩ロース肉。どちらがポークジャーキーに合うのだろうか!?

3
▼ソミュール漬け
ジップロックに入れて軽く、もみもみして冷蔵庫へ12時間漬込みます。
4
▼塩抜き
洗い流すだけでOK
5

▼冷蔵庫で脱水1日
肉をバットにのせて、冷蔵庫で1日脱水。
6

▼燻製工程

70℃位で2時間程燻製。途中肉の裏返しと、肉に付いた脂や水分を、キッチンペーパーで、拭き取って下さい。燻製が終わったら冷蔵庫で1日寝かせます。
それにしてもギューギューです。愛用し続ける一斗缶スモーカーですが、一回り大きいスモーカーが、欲しくなって来ました。

7
▼完成:もも肉とロース肉どちらが旨い?

冷蔵庫で一晩寝かせた後ようやく実食。
豚もも肉ジャーキー
→脂身が少ない分淡白でまさにジャーキーぽい仕上がり。ピートのノリもよくビールと一緒に食べたい味わい。早速、発泡酒で食べてみると…いや~ジューシー&スモーキーで旨いです。
豚肩ロース肉ジャーキー
→脂身が多少有る分どうかなと思う物の、食べてみると旨いです!好みだと思いますがこれは、断然肩ロース肉の方が美味しいです。やはり燻製は脂身が有った方が、いいですね!
ここで新たに発見した事が。ピートの最大の特徴は他の燻煙材には無い強烈なフレーバーですが、このフレーバー脂身にもしっかり乗ります。通常脂には煙が乗りにくいのですが…ピートの香りは本当に強烈です。

上に戻る