豚ロース肉でベーコンを作る

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>カナディアンベーコン

ロースベーコンの作り方

仕込み1日で作るカナディアンベーコン。塩抜き、乾燥工程も無し。塩抜きしないでいい味付けをしてピチットシートに包んで一日寝かすだけ。これだけで果たして美味しく燻製できるのか!?半信半疑でしたがこれが本当に美味しいベーコンに仕上がりました。恐るべしピチットシートスーパー!そしてこのベーコンを仕込んだ日は…。。。仕事が終わって帰宅すると部屋の荷物が半分無くなっていた。決して泥棒に入られた訳では無く嫁の荷物だけが無くなっていた。そんな中仕込んだ思い出のベーコン。コの記事を書いている現在は既にバツイチになっていますが。いや~忘れる事の無い簡単ベーコンレシピになりました。
■食材
・豚ロース肉:200g
■ソミュール液
1.塩…4g(肉の重量に対して1.5~2%)
2.ホワイトペッパー…適量
3.ブラックペッパー…少々(無くてもOK)
4.セージ…少々(無くてもOK)
5.チリペッパー…少々(無くてもOK)
6.タイム…少々(無くてもOK)
7.ガーリックパウダー…少々
8.三温糖…2g
■燻製材
■使用道具
・電気コンロ(ガスコンロでも可)
■工程表
・所要時間=2日
→塩漬け=1日間
→熱乾燥=30分(100℃位)
→燻煙=2~2.5時間(80~100℃位)
→冷蔵庫=5時間
→風乾燥:冷蔵庫か外で1日以上
→完成

▼Let's 豚ロース肉でベーコン作り

1
▼豚ロース肉を購入。
・豚ロース肉で作るベーコン=カナディアンベーコン。
・豚肩ロース肉で作るベーコン=ショルダーベーコン。
・豚バラ肉で作りベーコン=ベーコン。
と言います。
2

▼ふり塩法で塩漬け。
まずキッチンペーパーで軽くロース肉の表面を拭き取ります。今回は塩抜きをしないため使用する塩の目安は、肉の容量に対して1.5~2%の塩を使用。その他好みのスパイス&ハーブを振りかけ全体に馴染ませます。
3



▼ピットシートで包んで冷蔵庫で24時間
ピチットシートで丁寧に包んで冷蔵庫へ。1日寝かせます。
4
豚ロース肉をピチットシートで脱水
▼24時間後
神的ですピチット!一日でかなり脱水出来ている。さすがピチットシートスーパー。脅威的な脱水能力。ハーブも良い感じで薫っています。ピチットシートは多少お金がかかりますが、失敗しない美味しい燻製を作れるという意味では、値段以上の価値があります。
5
 
▼熱乾燥工程
電気コンロを600wにして100℃位で30分熱乾燥。さらに水分を飛ばします。途中蓋をあけて肉に付いた脂や水分をキッチンペーパーで拭き取って下さい。
※いきなり燻製してもいいのですが、熱乾燥を入れると煙の乗りが良くなります。
6
▼燻煙材の準備
サクラチップ+ピートをアルミホイルにのせておく。
7

ロースベーコンのつくりかた 
カナディアンベーコンを一斗缶で燻製
▼燻製工程
先程の燻煙材投入。煙は相変わらず強烈なピートの香りが。温度は80~100℃くらいに設定して1.5~2時間燻煙で完成!(肉の厚みや量によって調整して下さい)良い感じに仕上がっています!
※ 今回200gだったので1.5時間の燻煙時間にしました。…自分は丁度いい感じと思ったのですが知り合いはもう少し焼きが入っていた方が良いと言う意見が。ベーコンだから薫りが付いていれば、焼いて食べるので焼き具合は、ま~アバウトでいいのかなと(毎度適当ですみません~)。
8
カナディアンベーコン
▼完成

燻製後冷蔵庫で一晩寝かせた後ようやく完成。
写真が熱乾燥無しの80℃で1.5時間燻製の仕上がりです。かなりいい感じで仕上がっています。ロース肉だけあって豚バラ肉に比べ、脂身が少ないのが特徴的なベーコンです。

▼実食感想!
フライパンで軽く焼いて食べてみると!とても1日で仕込んで作ったとは思えない味わい!味は少し塩辛い気もするが、自分は薄口なので恐らく塩抜きをしない場合は肉の容量の2%位の塩でベストかと。薄口の人であれば1.5%位の塩を目安に。
それにしても一人では食べきれないから、嫁にお裾分けでも…そうか、もういないのか。。。(笑ってことで翌日ベーコンエッグにしてみました。食パンに乗せて食べると!激ウマでした。

上に戻る