スモーキーフレーバーチーズ

カツオの燻製は安定の旨さ

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>カツオ燻製

カツオ燻製の作り方

鰹を燻すと言うと鰹節を思い出しますが…鰹節はカビ付けなる物が有ったり燻す期間が長かったり素人には到底無理。今回は鰹をピートで燻すピートスモーク鰹ジャーキー!もともと強い潮風が運んで来る塩水や香りを充分に含んだピートは海の物との相性が抜群ではあるのですが、この鰹とピートのスモーキーな香りの相性はさらに抜群!ちょっとスパイシーに仕上げた鰹ジャーキーはビーフジャーキーとはまた違った旨味が有ります。余談ではありますがピートで燻した鰹節はかなり美味しいのでは無いだろうかと思ってしまいます。
■食材
・ファミリアチーズ
■ソミュール液
1.塩…300g
2.三温糖…10g
3.水…300cc
4.ワイン…100cc(赤・白・ロゼ問わず)
5.ブラックペッパー…少々
6.チリペッパー…少々
■燻製材
■道具
■工程表
■所要時間=10時間
→塩漬け=3時間間
→風乾燥=3時間(冷蔵庫でも可)
>→熱乾燥=3時間(50~60℃位)
→燻製=1時間(50~60℃位)
→風乾燥=粗熱が取れたら冷蔵庫で1日

▼カツオ燻製つくりスタート

1

▼カツオの切り身を購入

毎度スーパーの閉店間際の半額品ゲット。
2

▼カツオをさばく

本当は5mmくらいにおろして切り分けたいのですが…いかんせ全く出来ない。切れ切れになってしまう。って下手にも程が有る程の出来映え。。。
3

▼ソミュール液作り

上記材料を煮立てて冷める迄待ちます。今回はチリペッパーを多めにしてスパイシー&スモーキーなジャーキーに仕上げる予定。
4

▼ソミュール漬け

ジップロックでもいいのですが、無かったので丼ぶりにソミュール液を入れてラップをして冷蔵庫で3時間寝かせます。
5

▼風乾燥

ソミュール液から取出した鰹を水で軽く荒いキッチンペーパーで包んで冷蔵庫で3~5時間乾燥。今回は3時間。
6

▼燻製工程

最初燻煙しないで電気コンロを使い50~60℃で2~3時間熱乾燥。
乾燥後サクラのウッドにピート20gを乗せる。但し今回は1時間の燻煙の為スモークウッド自体は半分でも充分。温度は50~60℃で1時間燻製。
7

▼完成

1時間後完成です!
形はかなりいまいちですが…いい仕上がりです!粗熱が取れたら冷蔵庫で最低1日位寝かせたい所ですが、ビールとともに食べてしまいました。スパイシー&スモーキー!超オススメです!
※冷蔵庫でラップをしないで1週間くらい放置すると完全版!カツオジャーキーが完成します。これは激ウマです!
上に戻る