カルパスの作り方

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>簡単燻製カルパスの作り方

ドライソーセージを作る。

市販のソーセージで、本格カルパスを作ってります。激ウマです。
■食材
・アルトバイエルン…1袋
■ソミュール液
・無し
■燻製材
■使用道具
・電気コンロ(ガスコンロでも可)
■工程表
・所要時間=1週間
→ピチット乾燥=1週間
→燻煙=1時間(60~70℃位)
→冷蔵庫=1日
→完成

▼Let'sドライソーセージの作り方

1
▼定番アルトバイエルン!
今回は伊藤ハムのアルトバイエルンを購入。1~2週間乾燥させるので賞味期限は要チェック。
2

▼ピチットで脱水。
ソーセージを取出しキッチンペーパーで表面の水気をしっかり拭く。その後好みでハーブやブラックペッパーなどスパイスを好みの量振りかける(無しでもOKです)。その後1本1本丁寧にピチットシートに包んで行きます。後は1週間冷蔵庫へ放置。
→ 2週間脱水するのであれば、ピチットシートを1度取り替えた方がいいです。
3



▼燻製工程
多分スモークウッドで40℃、2時間くらい燻煙した方がいい様な気がしますがウッドを切らせていたのでピート10g+さくらチップ50gで1時間、60~70℃燻煙。
4



▼完成
1時間燻煙後冷蔵庫で1日寝かせて完成。
味は…パリパリジューシー!そしてスモーキー!これは絶対市販のカルパスより美味しい!ピチットを無駄に使う感じさえ捨て切れれば、激ウマです。
サラミ

サラミスが発祥の地といわれるドライソーセージの代表的なもの。世界中で作られています。

カルパス
豚肉・牛肉を黒こしょうやガーリックを加えて乾燥し、ボイルしたセミドライソーセージの一種。もともとはスラブ系の言葉でソーセージという
▼ソーセージ系燻製のレシピ集-LINK
上に戻る