塩サケを燻製してお弁当&おにぎりに。

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>塩鮭燻製

大量に仕込んで毎日のつまみに

塩鮭の切り身燻製。最も簡単な燻製レシピの一つになります!しかしそれでいてめっちゃ旨い燻製レシピでもあります。なぜなら塩鮭の切り身は其の名の通り既に塩漬けがされている。焼いて食べればそれだけでご飯が何杯もいける丁度良い塩加減である。当然燻製にしても味は抜群!作り方は本当に簡単!干して燻製して、また干して!冬場におススメの簡単冷燻レシピです。
ちなみに最近燻製鮭のおにぎりが販売されてますが、それとは比べ物にならないくらい美味しいです。
■食材
・塩鮭切り身
■ソミュール液
・無し
■燻製材
■道具
・木製燻製器
■工程表
■所要時間=7日
→風乾燥=外で1日(風のある冬限定)
→燻製2時間
→風乾燥=外で3~6日(風のある冬限定)
→完成

▼Let's 塩サケで鮭トバ

1
▼塩サケ購入。
スーパーに行けば大概売っています。塩加減は甘口、辛口など表示がありますが、好みの味でOK。
2

▼串刺し
キッチンペーパーで軽く水気をふき取った後は、鱗部分にはさみや包丁で切り身を入れて竹串を刺していきます。そして外で一日風乾燥(冬限定)!
3

▼1日風乾燥
さすがに1月の中旬に外で干しただけあって、1日でこの脱水!もうこのまま食べたいような。
4


▼燻製開始
ピート+桜のウッドで燻製開始!スモークウッドなので温度は気にしないでOK。1月くらいであれば40度も上がらないです。ちなみに夏場でもOKです。60℃位で燻製して作る鮭トバも中々美味しいです。
5
▼燻製終了
いい感じに燻製が出来ました。ピートのスモーキーフレーバーが効いてます。この後脱水工程へ進みます。
6
▼燻製後外で5~7日風乾燥。干物にします。
切り身なので意外と早く脱水が出来ます。3日位でも乾燥して風が強い日が続けばカチカチになります。
7

▼燻製開始

外干しは冬場限定ですが、冷蔵庫で脱水させるより断然美味しいですね。
■実食
味はもう鮭トバですね。とても手抜きで作ったとは思えない出来です。香りもピートのスモーキーフレーバーがしっかり。とりあえずビールを飲みながら毎日食べたいです。食べ方としては、そのまま食べてもいいし、軽く炙るって食べるのがおすすめです。

上に戻る