燻製レシピ検索TOP >世界の燻製料理を紹介。

世界各国の燻製チーズの種類

アイルランド:Ardrahan
アイルランド:Ardrahan

バーンズ牛の乳から作られたチーズ。燻製されたものも人気。4〜8週間で成熟する。

インド:バンデルチーズ

バンデルチーズはインド東部に位置するバンデル発祥のチーズ。成形した後、小さなバスケットに排出し燻製される。その為バンデルは、スモーキーな風味で知られています。

ルーマニア:Brânză de coșuleț
ミルクチーズ、塩味タイプ。 強い風味と食感がややソフトなチーズ。チーズをモミの木の樹皮のベローズに詰め込み軽く燻製をしている。ライトなスモークチーズである。
フランス:ブリーチーズ

ソフト牛乳チーズ。白カビの皮の下でわずかに灰色がかった色合い。
熟成期間は4~5週間。金型から取り出し塩、チーズモールドまたはブレビバクテリウムリネンを接種し、セラーで熟成される。燻製バージョンも人気である。

イギリス:チェダーチーズ
イギリス:チェダーチーズ

牛乳を原料とするセミハードタイプのチーズ。イングランドのサマセット州チェダーで作られていたが、今日では世界中で生産されている。チェダーチーズは最も一般的なチーズのひとつであり、ゴーダチーズと並びプロセスチーズの主な原料となっている。もちろん燻製バージョンも数多く販売されている。

トルコ:チェルケス燻製チーズ

チェルケススモークチーズは、トルコの東部マルマラ地域で生産されている。淡黄色またはクリーム色の厚い地殻。底部とチーズのトップは塩漬けされ、松の木で燻製されます。

アイルランド:Corleggy

羊、牛、山羊の乳が使用され12週以上熟成される。Corleggyはヤギのチーズの2種類、羊のチーズの1種類と「ドラムリン」ブランドの下で牛のチーズの5品種がある。その中でCreenyという商品は、山羊乳のハードチーズで燻製バージョンが人気である。

スペイン:Gamonéu

Gamonéuチーズは、アストゥリアス公国の特定の地域で作られたスペインの脂肪チーズ。最初に作られたGamonéuの村からその名を取っている。軽く燻製されたチーズで、皮にカビがあり、チーズの内部にも少し侵入している。 EUから原産地保護認定をうけている 。

オランダ:ゴーダチーズ

ゴーダチーズは、エダムチーズと並ぶオランダの代表的なチーズ。オランダでのチーズ生産量の60%を占める。ロッテルダム近郊の町、ゴーダで作られたことからこの名前がついた。 主な材料は牛乳とレンネット(凝乳酵素)。燻製ゴーダも数多く作られている。

アイルランド:Gubbeen

Gubbeenチーズはセミソフトの牛乳チーズです。キノコやナッツの後味でクリーミーだが成熟度に応じて変化する。燻製バージョンも製造されている。

スペイン:イディアサバル

イディアサバルは、スペインのバスク州およびナバラ州北西部で生産される、羊の乳を原料としたチーズ。セミハードタイプに分類される。出荷前に10日ほどスモークしたものもあり、木材はブナやサンザシを用いる。ヨーロッパの食の遺産に認定されている。

ロシア:Чечил

チェチルと呼ばれるロシアの三つ編みしたチーズ。燻製にされたものも多い。ロシアでは一般的なチーズでつまみとしても食べられる。

スロバキア:Korbáčik

Korbáčikは半硬質またはミディアムハードストリングチーズの一種。原料は牛か羊の乳。細かく三つ編みに織り込まれたのち燻製し作られています。種類は、塩辛いものからライトなもの、ノンスモークのものなど様々。

南アフリカ:クワイトチーズ

クワイトは南アフリカのIndezi riverチーズ社製の牛乳チーズ。クリーミーさが特徴のチーズである。

クワイトチーズはグリーンペッパーコーン、黒コショウ、燻製、カーニバルピーマン、プレーンなど、いくつかの異なる商品が販売されている。

イギリス:リンカンシャーチーズ

外観は花崗岩に似た皮で、一般的に円筒形でハードタイプの牛乳チーズ。14〜24ヶ月熟成されている。燻製チーズも製造。

ギリシャ:Metsovone

メツォボ(エピラス、ギリシャ)の領域で作られた半硬質の燻製パスタフィラータチーズ。牛、羊、ヤギのミルクの混合物から製造されている。

イタリア:モッツァレッラ
イタリア:モッツァレッラ

モッツァレッラは、イタリア産のチーズの一種。イタリア南西部のカンパニア州が原産。くせの無い味わいで、独特の弾力ある歯ごたえが特徴である。熟成工程を経ないため、フレッシュチーズに分類される。燻製バージョンも有る。

ポーランド:Oscypek

ポーランドのタトラ山脈地域で塩漬けされ、羊のミルクで作られたスモークチーズ。 Oscypekは厳密に守られたレシピによって製造されています。

スロバキア:Oštiepok

スロバキアの伝統的なスモーク羊乳チーズ。 OštiepokはEUの地理的表示の下、保護された商品である。同様のチーズはポーランドタトラ山脈で作られているOscypekだが、製造工程や成分比は異なる。

カナリア諸島:Palmero
カナリア諸島:Palmero

Palmeroチーズは、カナリア諸島のチーズ。ヤギのミルクから作られ、原産地保護呼称である。チーズは島の小さな農場で作られている。燻製バージョンもあり。燻製は、アーモンドの殻、乾燥サボテン、カナリア諸島の松のなどで行われる。

スロバキア:Parenica
スロバキア:Parenica

Parenicaは、伝統的なスロバキアチーズ。非スモークバージョンも生産されているが、通常はスモークをする。 チーズは、カタツムリのような螺旋状に織り込まれストリップで作られている。EUで地理的表示の下、保護された商品である。

イタリア:Provolone
イタリア:Provolone
プロヴォローネは、ヴェスヴィオ、近くCasilliで生まれたイタリアのチーズ。プロヴォローネ型チーズは、他の国で製造されているが、地元で製造されるプロヴォローネは、原産地保護呼称をEUから受けている。プレーンとスモーク(「affumicata」)品種が作られている。米国ではピザ、サンドイッチなどに使われる。
セルビア:Pule cheese
セルビア:Pule cheese

Puleチーズは、セルビアのバルカンロバのミルクから作られたチーズ。Puleは「世界で最も高価なチーズ」である。1キロのチーズを作るのに25リットルのミルクが必要とされる。燻製バージョンもある。

スペイン:San Simon da Costa PDO
スペイン:San Simon da Costa PDO
スペイン産のチーズ。スモークチーズは、最低30日間の熟成期間。低温殺菌牛乳から作られる。形状は、平坦なベースと尖った先端で、独特の形状をしている。
ドイツ:Rauchkäse
ドイツ:Rauchkäse
Rauchkäseのスモークチーズは、スモーキーブラウンの皮でセミソフトであることで知られている。ドイツの品種。
イタリア:リコッタ
イタリア:リコッタ
リコッタはチーズの一種で、南イタリア原産のフレッシュチーズ。チーズ生成過程で生じたホエーを煮詰めて作ったものである。元々は羊乳を原料とするチーズを作った時に出たホエーを使っていたので、イタリアでは羊乳製、山羊乳製、水牛乳製などいろいろあるが、日本に輸入されるものはクリームを添加した牛乳製がほとんどを占める。燻製バージョンも販売されている。
イタリア:スカモルツァaffumicata
イタリア:スカモルツァaffumicata
スカモルツァは、一般的に丸い形状にチーズを形成し、その後上部からの距離の1/3を紐で結び、吊るし最終的に燻製される。また形状を動物などの形にするシャレたものもある。スカモルツァは、ほとんどの料理にモッツァレラチーズの代わりに用いることができるが、味ははるかに強く、より支配的になる。
イギリス:Tesyn
イギリス:Tesyn

Tesynは、英国コーンウォールのヤギのミルク燻製チーズ。2002年にはワールドチーズアワードで賞を獲得。

イタリア:ゴルゴンゾーラ

ゴルゴンゾーラ(Gorgonzola)は、ロンバルディア州とピエモンテ州をまたがる地域で生産されているイタリアの代表的なチーズのひとつ。フランスのロックフォール、イギリスのスティルトンと共に世界三大ブルーチーズに挙げられている。1996年6月12日以来、統制原産地呼称(DOP)を取得している。通常燻製はされないがされたものもある。

オランダ:EDAM

オランダを代表するチーズ。もちろん燻製されたものもある。

スイス:Gruyère

グリュイエールチーズ(Gruyère)はスイス・グリュイエール地方原産のチーズの一種。チーズフォンデュやラクレットによく使われる他、フランス料理ではエメンタールチーズと並びグラタンやキッシュ、クロックムッシュ、オニオングラタンスープなど主に調理用によく用いられる。

フランス:Brezain

Brezainは牛乳、ラクレット風のフランスのチーズ。チーズが製造された後、薪で燻製される。熟成期間は60日未満。

イギリス:Wensleydale
イギリス:Wensleydale
Wensleydaleチーズは、Wensleydaleに定住していた修道士によって作られた。オーク材で冷燻し作られた燻製チーズもある。
日本:ナチュラル・プロセスチーズ
日本ではナチュラルチーズやプロセスチーズを燻製した(もしくは燻製風味)おつまみが、よく販売されている。なとりの燻製チーズはりんごのチップで燻製されたナチュラルチーズ。また自分も含め自作で市販のプロセスチーズを使い燻製する人も多い。
スモークチーズレシピまとめ
燻製を作ってみよう!
上に戻る