西京漬け燻製!鮭、鰆、赤魚

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>西京漬けの魚を燻製

簡単で旨い!西京漬けで燻製。

西京漬けとしてスーパーで売られている魚を購入して乾燥して燻製するだけのスーパー手抜きレシピ!しかしこれがめっちゃうまい!西京漬けで漬けられた魚は甘みと旨みがしっかり付いている、これをピートで燻製するのだから不味いわけはない!しかし鮭はいまさら言うまでも無く美味しいのですが、鰆や赤魚の燻製もいいですね!食べ方は熱燻製で仕上げるならそのまま食べてOK、冷燻なら1週間ほど脱水させて軽く炙って食べるのがGOOD!
■食材
・西京漬けの魚
■ソミュール液
・無し
■燻製材
■道具
・木製燻製器
■工程表
■所要時間=120分
→風乾燥=24時間
→燻煙=120分
→風乾燥=1~10日
→完成

▼Let's 西京漬け。鮭、鰆、赤魚燻製

1
▼西京漬けのパックを購入
便利な世の中です!西京漬けのパックが売られています。しかも1パック150円。セールとはいえ安すぎるだろう!ちなみに下から鰆、赤魚、鮭。
2

▼軽く洗い流して風乾燥。
パックから魚を取り出し水で洗い流して、冬限定ですが外で一日風乾燥させます。夏場なら冷蔵庫で乾燥させましょう。
3


▼30℃120分燻製
ピート+桜のウッドで燻製開始!今回やってみて思ったのですが、これは100度以上の熱燻製で30分くらい焼いて食べるのもありですね!
4
▼1日寝かせて完成
一日寝かせたら完成です。この後は普通に焼き上げて食べるのがおすすめ。ごはんと最高に合います。
また冬場限定ですが10日程外で風乾燥させ完全に干物にすると、燻製香る西京漬けの珍味になります。
5


▼西京漬け干物の完成。
やはり脱水させると手間がかかりますが、旨みが凝縮されて一段と美味しくなりますね。冬場の燻製のメリットは冷燻製が出来るって言うのもあるのですが、この脱水工程が簡単に出来るって言うのが一番のポイント!ピートのスモーキーフレーバーはこれだけ脱水させても、しっかり残っているのもいいですね!食べ方は軽く焼いたり炙ったりして食べるのがおススメ!お酒以外にもご飯にも合います!西京漬けウマしですw
▼スモーク鮭・鱒レシピ集-LINK
上に戻る