燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>鮫・サメ・イルカの燻製作り方

鮫料理:燻製作り方レシピ

サメを主に食べる国はアメリカと日本。ただその日本でさえ鮮魚としてはほとんど流通されていない。基本的には身肉は、すりつぶして蒲鉾やはんぺんなどの魚肉練り製品に加工されることが多い。そのため港近辺以外のスーパー等で購入できることはすくない。ただこのサメ。燻製にすごくあいます。
鮫の燻製をするポイントは、アンモニア臭対策。
塩漬けや、ハーブで漬け込む。もしくは牛乳に2時間ほど漬けこむことは必須だ。

準備するもの&工程表
食材
・鮫肉
工程表

サメの燻製

■鮫の燻製
燻製する前の下処理として、牛乳に2時間ほど漬けること。
その後振り塩で脱水。
熱燻製100℃で30分が一番簡単なサメの燻製の作り方である。
■イルカの燻製

おそらくイルカを食べるなんてことは普段ないと思う。自分も静岡に来るまではそうであった。ただ静岡では普通にイルカの肉が売られている。食べてみると非常においしい。感覚的にははクジラの肉と似ている。
もちろん何度も燻製にして食べた。結論からいえば美味しいのだが、イルカに関して、いろんな思いの人がいるので、詳細は控えさせていただきます。

上に戻る