太刀魚、メカジキ、鮭、せいご、舌ひらめ、カワハギ燻製

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>冬の魚の燻製

安い魚をまとめて燻製

魚介系の燻製は、半額品などをまとめて燻製するのがおススメ。
塩漬けをして、燻製して、脱水した魚介は間違いなく旨い。
■材料
・スーパーの閉店間際のセール魚介
■ソミュール
・塩…28g(魚の合計容量の4%の塩)
・醤油…100cc
・砂糖…20g
・チリペッパー…適量
・ブラックペッパー…適量
・ハーブ…好みのものを適量
・白ワイン.…200cc
・水.…100cc
■燻製材
■燻製器
■工程
・所要時間=2日
→ソミュール漬け=4時間
→塩抜き=0~10分
→風乾燥=外で12時間(風のある冬限定)
→燻製1時間
→風乾燥=外で1日(風のある冬限定)
・完成

▼冬の魚介燻製

1






▼これだけ買って500円以下w
雪の日のスーパーの閉店間際はなんてお得なんだ。
このほかにも鱈やシーラやカマスや白子辺りも半額以下の値段で販売されていました。名古屋で雪が降ると誰も人が出歩かないですからね。ありえないくらい安くなります。
2

▼下処理
魚を捌きます。骨は取った方が食べやすいのですが、取らなくてもOK。
3



▼ソミュール漬け
本来ソミュール液を作るときは、上記ソミュール液の材料を(ワイン以外)一度煮立てるのですが、今回はジップロックに全部入れシェイクして完了。手抜きですw。後はさばいた魚をジップロックに入れ、冷蔵庫で4~5時間寝かせます。
4


▼塩抜き0~10分
5時間後冷蔵庫から取り出し流水で水洗いし0~10分塩抜きをします。漬け時間が短いので塩抜きはしないで、軽く水洗いするだけでOKですが、不安なら一部焼いて味見をしてみてください。
5

▼風乾燥
冬場限定ですが風通しのいい日陰で風乾燥。
冷蔵庫でもいいのですが、冬の外はやはり脱水能力が違います!
6



▼ウッドで2時間-60℃燻製
ピートをウッドに乗せてイザ燻製。
2時間位の燻製ですがピートなので強烈に香りますw。外気が寒く温度が上がらない場合は電熱器も併用して調整します。
電熱器が無い場合はウッドでそのまま燻製して、風乾燥時に脱水をさせ干物にすればOKです。
7

▼燻製完了
いい感じで仕上がっています。
8

▼風乾燥1~3日
この時は2月。真冬だったので外で3日脱水。
鮭とば仕上げにして完成です。冬の魚介燻製でこれが一番美味しい食べ方ですね。
9


▼バラエティー燻製の完成
色んな味が楽しめて毎日の楽しみになります。この中では太刀魚が一番美味しかったですね。あとはこれをまとめてオリーブオイルに、漬け込む食べ方もおススメ。出汁と燻煙が混じったオリーブオイルをパスタに使うと最高のパスタに仕上がります!
上に戻る