CLUB CHEESE >パニールの作り方レシピ

パニールの作り方

パニールはインドの成型したフレッシュチーズ。 パニールは成型の仕方に特徴があります。平らにして成型し、基本一口サイズに切り分けて食べるフレッシュチーズです。ポイントはカードを包む布の柄。この柄に色々な物を使えば、エンボス加工がしゃれているパニールに仕上がる
※カードはレンネットでなく、レモン汁等何で作ってもOK

材料
・低温殺菌牛乳…1リットル
・レンネット…0.01g amazonで買えます
・ヨーグルト…大匙2
・塩…2~5g
道具
・なべ
・ボール・ザル
・温度計
・布巾(キッチンペパーでも可)

■牛乳を40℃➡レンネットを入れ➡30分放置
低温殺菌の牛乳を40℃迄沸かす。
10㏄の水で溶いたレンネットを入れ、30分放置。レンネットを入れてからは一切牛乳を動かさない事。
※カードはレモン汁で作ってもOK。
■30分後カードを切り40℃で1時間攪拌する。
30分後包丁等でカードに切れ目を入れる。(碁盤の目の大きさ位細かく)。その後40℃で1時間攪拌しホエーの排出を促す。※ここが結構手間なので、攪拌しないでカードを切ってから、1時間放置でもOKです。切れ目を入れるだけでも十分ホエーが排出されます。
パニールのカード
■カードを濾します。
・布にカードを流し込む。
・ホエー(水分)がある程度切れる。
・腕力で布をマックス搾りあげる。
・カードをボウルに集め、塩を加え練りこむ。
・なるべく厚手の布に入れて重石を乗せる。
パニールに圧をかけるパニールの作り方パニールをカットぱにーる完成
■布で包んだまま、重石をのせて3時間で完成
平らにするため板などを挟んで、その上から重石を乗せてもOK。出来上がったパニールは圧がかかっているだけあって、他のフレッシュチーズとは食感が異なる。また一口サイズで食べられるのもGOOD!このまま食べてもいいが、色んな料理に使えるので色々試してみてください。
上に戻る