カキの燻製

オーブン燻製器:燻製オイル漬け

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>牡蠣、蛸、ホタテ燻製

オイルに漬けると保存性と旨味が増す。

牡蠣の燻製オリーブオイル漬けといえば定番燻製の一つ。漬けたオリーブオイル迄燻香が移り、パスタ等に使うとこれまたうまい。
今回は牡蠣以外に蛸とホタテのオイル漬けを作ります。ちなみにオリーブオイル以外でもOKです。個人的によく使うオイルはサラダ油。理由は安いからです。
■材料
・牡蠣
・蛸
・ホタテ貝柱
・オイル
■ソミュール
・塩(食材の重さの4%)
・ビールか酎ハイ350cc
■燻製材
・桜のチップ
■燻製器
■工程
・熱処理:食材は必ず熱処理。
・塩漬け:1日
・塩抜き:水洗い程度でOK
・風乾燥:1日外か冷蔵庫で干す。
・燻製:余熱燻製で30分程度。
・風乾燥:燻製後1~3日干す
・オリーブオイルに1日漬ける
・完成

▼牡蠣の燻製オイル漬け

1
牡蠣を茹でる牡蠣のビール漬けマジックソルトで塩漬け
▼熱処理→塩漬け:牡蠣を茹でて塩漬け
・生ガキで作るのが一番おいしいのですが、推奨はできません。とりあえずしっかり熱処理をします。
・塩漬け:塩(クレイジーソルトやマジックソルトがあると楽です)とアルコール系飲料350㏄をジップロックに入れます。シェイクした後、牡蠣を入れて冷蔵庫で一日寝かせます。
3
自家製カキのオイル漬け牡蠣のオリーブオイル漬け
▼オリーブオイルに漬ける
漬け込んで一日寝かせて完成。
ちなみに牡蠣の燻製はオリーブオイルに漬けなくて、そのまま食べてもおいしいです。

▼あさりのサラダ油漬け

1
ボイルあさりあさりの燻製あさりのサラダ油漬け
▼ボイルあさりが便利

ボイルされている、あさりを購入すると楽。
塩漬け→塩抜き等は上記、牡蠣と同様。オイルはサラダ油使用。牡蠣よりコスパに優れ年中作れるのも良い◎。お勧めです。

▼蛸とホタテ貝柱-ゴマ油漬け

1
ボイル済蛸生食用ホタテ貝柱タコとホタテ貝柱をソミュール液に漬ける。
▼ボイル済の蛸とホタテ購入

ホタテは茹でて熱処理。(自己責任ですが、茹でない方がおいしい)。
・ジップロックに入れて、塩漬け1日。
・塩漬け後、水洗いをし水気を拭き取ったら燻製工程へ。

2
蛸の燻製と貝柱燻製蛸燻製蛸燻製とほたて燻製蛸とホタテ貝柱のゴマ油漬け
▼基本的な工程は牡蠣と同じ

燻製はオーブン燻製器の余熱を利用した燻製をすれば綺麗に仕上がります。
一気に燻製して仕上げようとすると上記の様に、黒ずんで仕上がります(笑。ちなみに、こんな時はキッチンペーパーで水分を拭き取り、外で2日位干してください。

▼オーブン燻製機レシピ集-LINK
上に戻る