意外となかった!ヨーグルトで作る新食感チーズ

CLUB CHEESE! > ヨーグルトチーズ

純度100%の乳製品フレッシュチーズ

その味は…まさに混じりけなしのナチュラル!

酸変性で牛乳のカゼインを凝固させる。
レモン汁で牛乳が凝固するのは、レモンに含まれるクエン酸によるもの。つまりヨーグルトであれば、乳酸で牛乳が凝固する。
ヨーグルトで作ったチーズは、カッテージチーズより酸味が強く、クリームチーズよりヘルシーで、水切りヨーグルトよりチーズ風味が強い。
またクエン酸でカゼインを凝固させたチーズ特有の酸っぱさがなく、乳製品で完結するチーズで全てがナチュラルだ。

材料
・牛乳…500㏄位
・明治ブルガリアヨーグルト…400g
道具
・ボウル
・ザル
・布(濾す用)
・ステンレス鍋or鋳物鍋(保温性が必要)
・温度計(必須)
出来上がるクリームチーズの量
・500g前後
1
明治ブルガリアヨーグルト
ヨーグルト400g+牛乳500㏄
ヨーグルトは明治ブルガリアヨーグルトか、雪印の恵がお勧め。
2
牛乳500㏄+ヨーグルト400gを攪拌し80℃迄温める。
80℃位まで温度を上げたら、弱火で10~15分位攪拌すると、牛乳がカードとホエーに分離してくる。目安として透明な水分(ホエー)が見え始めたらOKである。
3
布で濾して冷蔵庫で8~24時間ホエーを排出
ボウル→ザル→布と重ね、カードを濾す。
この状態で冷蔵庫に入れて8~24時間ホエーの自重排出を行い完成。
4
8時間後
出来上がりはヨーグルト感覚で、そのまま食べるのが一番美味しい。味的にはヨーグルトとカッテージチーズの間といったところ。

▼今回は出来上がったヨーグルトチーズを使用して、シフォンケーキを作ってみた。
さっぱりして非常においしかったです。
5
シフォンケーキ完成。
手作りチーズはお菓子作りに使うと美味しいですね。
自分はお菓子作りは得意ではないのですが、お菓子や、ケーキをよく作る人には、ぜひ自家製チーズを活用していただきたいです。

▼酸変性を利用したチーズLINK

▼自家製チーズ作りのLINK集

上に戻る