人気燻製機

売上NO.1-業務用木製燻製機

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>杉無垢材節無し燻製器

ボンド等一切使わない安全な燻製器

美味しい燻製を作る秘訣の一つは、同じ燻製器を使い続けること。RI-PRO木製燻製器は無垢材を使用しています。使い続ける毎に燻製の香りが、燻製器に染込みます。サクラの香り、ヒッコリーの香り、ピートのスモーキーフレーバー…etc。いつしか燻製器に煙が馴染み、自分が求める美味しい燻製が自然と作れるようになります。
※無垢材を使用し、ボンド等を一切使用しない作りです。(集成材、ベニヤ、段ボール等には必ずボンド等が使用されています。)その為、他の燻製機より高価なものになりますが、業務用として食の安全にこだわりました。
自作!木製大型燻製器の決定版作り方!
1
▼木製だから出来る全面羽目板構造
羽目板とは、フローリングなどで木を並べて組み付けるときの加工で、単純に木を並べるのではなく、木の側面を凸凹の組み合わせにして、組み付けます。
木製スモーカーはこの羽目板で6面全てが組み立てられています。
羽目板にすることにより凸凹部より微かな空気の流れが出来、燻製が上手に仕上がります。ステンレスなど金属製の燻製器では出来ない煙り抜け設計がされています。
2
▼高級国産杉の無節無垢材を使用
国産杉の無節無垢材のみを使用。材料費だけで定価に近い品です。では何故、無節無垢材を使用するのか?それは集成材、ベニヤ、ダンボールなどを使用すれば安価な燻製器は作れますが、それらは接着剤など化学成分が使用されています。RI-PROスモーカーは安心、安全を一番に作られております。
3
▼燻製小屋、囲炉裏燻製同様の「和と歴史」の燻製
日本の燻製といえば、いぶりがっこや鰹節。昔は木造家屋の囲炉裏や、木造の燻製小屋で燻製されていました。木は燻製を、より美味しく仕上げてくれます。RI-PRO燻製器は本物の燻製を手軽に作るように設計されています。
4
■2kgロースハムも楽々吊るせます。
5
■竹串等で大量に吊るし燻製も余裕です。
6
■氷を使えば夏でも冷燻。生ハムも作れます。
7
■丸鶏の燻製も作れるサイズ。
8
■スモークサーモンなど冷燻が簡単に作れる。
9
■業務用から趣味の燻製まで使えるオールインワン燻製器。
10
▼おかげさまでお客様満足度も高いです。
飲食店経営36歳男性
最初温度調整が難しく感じましたが、使い続けていくと感覚が分かってきました。燻製の仕上がりは抜群です。煙り抜けの設計が良いのと、木製なので木がある程度水分を吸収してくれるので、燻製がエグく仕上がることは皆無です。主にベーコンを作っていますが、仕上がりは抜群です。
無職65歳男性
定年後の趣味で燻製を始めましたが、本格的な燻製器が欲しくなって購入しました。一応色々検討したのですが木製のスモーカーというのに惹かれました。大量に燻製が仕込めるのと、燻製の仕上がりはさすがだと思います。確かに使い続けるほどになじんでくる感じがします。まさに一生モノの燻製器ですね。ありがとうございました。
カフェ店員24歳女性
お店で使用する、スモークサーモン、生ハム、ハム、ベーコン。この4点を燻製するのに一番適した燻製器だと思い購入いたしました。まず見た目がおしゃれ。使用していないときは店内に飾って、「自家製燻製やってます!」をアピールしています。燻製の仕上がりは最初は難しかったのですが、煙が柔らかくて、いい煙が出ますね。大量に燻製が出来る業務用としては、かなり安い値段というのもいいです。
▼人気!燻製チーズレシピ集-LINK
上に戻る