コンビーフの燻製スモーキーフレーバー燻製チップと燻製器販売

ノザキのコンビーフ燻製

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>燻製コンビーフ

アウトドアにおすすめな燻製。

仕込みがいらない上に、底の缶を残した状態で燻製をすれば、網が汚れることもなく簡単に燻製ができる。
スパム燻製と同じで失敗のない燻製である。
キャンプ、BBQなどアウトドアの燻製におすすめ。

■食材
・ノザキのコンビーフorニューコンミート
■ソミュール液
無し
■燻製材
■道具
■工程表
■所要時間=15~30分
→燻煙=15~30分
→冷蔵庫で1日寝かせて完成

▼コンビーフ燻製作りスタート!

1

▼熱燻製15~30分で完成

もはやレシピというレベルではないのですが、缶の底部を残した状態で燻製をすれば、網が汚れません。煙が出たらコンビーフをセットし蓋をすればOKです。
温度も気にしなくて大丈夫ですが、熱燻製仕上げが一番おいしいです。またコンビーフがない場合は、馬肉80%・牛肉20%の安価なニューコンミートでもOK。

とりあえず失敗はほぼないので、気軽に作ってください。
類似燻製として、スパムマルシンハンバーグ、がありますが、酒のつまみという意味ではコンビーフが一番おすすめ。
コンビーフとは?
コンビーフとは、塩漬けした牛肉のこと。
英語で CORNED BEEF(コーンド ビーフ) といい、CORNEDは塩漬けという意味ですので、CORNED BEEFを直訳すれば、「塩漬けの牛肉」ということになります。
現在のコンビーフは、塩漬け(JAS法では、塩漬はえんせきと言います)した牛肉を煮沸して、ほぐした後、一般的にミンチ肉、食用油脂、塩、調味料などを配合したものになっている。
ノザキHPより
上に戻る