イカソーセージ

イカ・ソーセージの作り方

燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>イカソーセージ

イカウインナー

挽肉をイカでケーシングする。
言ってみればイカメシの挽肉バージョン。普通に美味しいです。
■食材
・ひき肉(豚・牛合い挽き)…500g
・ロールイカ
■ソミュール液
・塩…20g
・砂糖…10g
・ブラックペッパー…適量
・ハーブ…好みのものを適量
■燻製材
・道具
■工程表
・所要時間9日間
→風乾燥=1日(冷蔵庫で)
→熱乾燥=0.5時間(70~80度)
→燻製=2時間(70~80度)
→風乾燥=冷蔵庫で7日間

▼Let's イカソーセージ燻製

1
▼冷凍ロールイカ購入
出来れば普通に調理済でないイカを購入しましょう。冷凍ロールイカは安価ですが、切れている為、ケーシングが手間です。
2



▼ソミュール漬けで1日
イカの容量の4%の塩+塩の半分の砂糖+ブラックペッパー+水が基本のソミュールです。今回はマジックソルトで代用+焼酎200ccのソミュールを作りました!今回焼酎を珍しく使いましたが、焼酎とイカの相性いいですね!後は冷蔵庫で一日漬け込みます。
3

▼1日風乾燥
一日後流水で軽く洗い流し、キッチンペーパーで水気をふき取り、外で一日風乾燥します。
4


▼挽肉を捏ねます
手を汚したくないのでジップロックに挽肉を入れて、挽肉の2.5%のクレイジーソルトで捏ねます。クレイジーソルトがない場合は塩とブラックペッパーと好みのハーブでOK!
5




▼風乾燥
挽肉をイカで巻いて紐で縛り一日風乾燥させましたが…既にイカは一日風乾燥しているので、このまま燻製しても多分OK。しかしココに来てロールイカにした事を後悔。イカが一杯で売っているならそれが絶対おススメ!これだと紐で縛るが面倒だし、挽肉があまり詰めれない。
6
▼余った挽肉も燻製しましょう
余った挽肉は丸めて燻製。これも普通に美味しいです。
7

▼30分70度位で熱乾燥→90℃位で1.5時間燻製
ソーセージなので60℃位で2時間位の燻製後ボイルするのが一番美味しく作れるのでしょうが、面倒なのでサクラ+ピートチップの熱燻製で仕上げました。
8


▼完成完了
後は一日寝かせて完成ですが…折角なのでここからさらに脱水をさせてサラミ的な感じに仕上げます!
9

イカソーセージ燻製
イカソーセージを燻製する
▼脱水は輪切りにしないと中々進まない。
最初そのまま冷蔵庫に入れたのですが全然脱水してくれなかったので、輪切りにして冷蔵庫で4日完璧に脱水。ドライ-イカソーセージの完成。ピートで燻製したので脱水しても燻製の香りはバッチリ。良い香りです。
実食!

燻製直後一日寝かせた物は、イカが柔らかくジューシーでした。これはこれでかなり旨い。しかし完璧に脱水したイカソーセージはもはや完全酒のつまみ!ウイスキーやビールにバッチリ合う。軽く炙って食べるも旨しです。

上に戻る