カッテージチーズの作り方

自家製カッテージチーズの作り方

CLUB CHEESE! > 美味しいカッテージチーズ

ポイントは低温殺菌牛乳!

3時間レシピ!

低温殺菌牛乳1リットルを40℃くらいまで温め、レモン汁=大さじ4か、クエン酸=3gを入れて、撹拌10分。
その後、布で濾して3時間ほど放置で完成。お好みでヨーグルトや生クリームを入れてもOK。

カッテージチーズとは!?
■原産:オランダ
■種類:フレッシュチーズ
■原料:牛乳
■栄養成分(100 g あたり)
・カロリー (kcal) 104
・脂質 4.5 g
・コレステロール 20 mg
・ナトリウム 400 mg
・カリウム 50 mg
・炭水化物 1.9 g
・タンパク質 13 g
■特徴:低カロリーで高たんぱく。ダイエットや筋トレなどの食事にも最適。あっさりしていて、お菓子やサラダなど幅広い料理にも使用される。ヘルシーに仕上げるために、チーズケーキやティラミスなど、クリームチーズやマスカルポーネの代わりに使用されることもある。

材料
・低温殺菌牛乳…1000㏄
・レモン汁…大さじ4 or クエン酸…3g
・ヨーグルト…大さじ2(お好みで)
道具(※要煮沸消毒)
・ボウル
・ステンレス鍋かホウロウ鍋
・オタマ
・布
・ザル
・温度計

▼一番おいしいカッテージチーズ作りSTART

1
牛乳は低温殺菌牛乳を使用
美味しいカッテージチーズは牛乳で決まる!お勧めは低温殺菌牛乳。値段は高いですが、やはりおいしいですね。ただ味にこだわらなければ、普通の牛乳でOKです。またダイエット目的やヘルシーに作るなら無脂肪牛乳がおすすめ。
【使用する牛乳によるカッテージチーズの味】
・低温殺菌牛乳:一番美味しい
・4.3牛乳:クリーミーな味
・3.6牛乳:スタンダードな味
・低脂肪牛乳:ヘルシー
・無脂肪牛乳:筋トレやダイエットに!
2
牛乳を弱火で撹拌しながら40℃くらいまで温める

40℃くらいになったら、クエン酸ORレモン汁OR酢を入れて、更に10~15分ほどゆっくり撹拌。徐々に牛乳が凝固しもろもろとしてきます。

3
撹拌15分経過。もろもろしてきました
上記の様な状態になったら完成。布で濾します。
4
布で濾して3~6時間放置
布を絞ってもいいですが、自重で濾した方がおいしいです。冷蔵庫か夏以外なら常温で放置します。
5
手作り自家製カッテージチーズレモン汁でカッテージチーズ
3時間後:カッテージチーズ完成
これで、しっとりあっさりのカッテージチーズ完成です。低温殺菌牛乳で作るとうまみが違います。
6
カッテージチーズサラダカッテージチーズトースト
サラダやお菓子作りやトーストに!
食べ方は色々ありますが、そのまま食べると本当にヘルシーすぎるので、料理に使うのがおすすめ。また本末転倒ですが、生クリームやヨーグルトを入れてクリームチーズにすることも可能です。
また子供の離乳食にも最適です。チーズ好きな子供は多いですからね!


カッテージチーズが減量食と言われる理由
カッテージチーズは、高たんぱく低カロリー食です。
ある研究では、カッテージチーズのような高蛋白食品を含む食事を1年間食して場合、女性で平均2.8 kg、男性で1.4 kgの体重の減少がされた。またカッテージチーズのカゼインなどのタンパク質の高摂取は、満腹感を高めるのに役立つことが示されています。これらの満腹感は、カロリー摂取量の減少と体重減少につながります。
また、カッテージチーズは、多量のカルシウムを含みます。 カルシウムと乳製品の他の成分を、特に運動と組み合わせた場合…体重の減少と体重維持の軽減がされます。 さらに、食事中のカルシウムは脂肪の蓄積を減少させ、脂肪の喪失を促進する代謝プロセスに関連している。
少々ややこしいですが、要するにカッテージチーズを毎日食べる習慣をつけるとダイエットが出来るという事です。

カッテージチーズが筋トレ食として有効な理由
多くのボディビルダーはベッドの前にカッテージチーズを食べるのが好きと言われている。 これは、夜間に血中および筋肉内にアミノ酸が持続的に放出され、筋肉の衰弱を減少させる可能性がある為である。
コテージチーズにはカゼインタンパク質が多く含まれています。 カゼインは、ゆっくりと吸収されたタンパク質で、筋肉の増強を促進し、筋肉の破壊を防ぐのに役立ちます。よって筋トレ食として有能という事です。

カッテージチーズが健康食として有効な理由
・インスリン抵抗性の予防に役立つ!
インスリン抵抗性は、2型糖尿病および心臓病の発症につながり得ます。 乳製品中のカルシウムはインスリン抵抗性を低下させると考えられている。 ある研究では、乳製品の摂取がインスリン抵抗性を発症するリスクを21%低下させる可能性があることを示唆している。
・骨を強くする!
カッテージチーズは、カルシウムに加えて、リンとタンパク質の良い供給源でもあります。 これらの栄養素は、骨の健康状態の改善に結びつきます。
上に戻る