ヒイカの燻製

燻製の作り方レシピ

レシピ検索TOP>ジンドウイカ燻製

小さいが旨い。

最近行きつけのダイエーでヒイカを見かける。このヒイカ。小さいが味は絶品である。今回初めて燻製にしてみましたが、予想以上の旨さでした。
■食材
・ヒリイカ
■ソミュール液
・塩…20g(イカの重量の3%程度の塩)
・砂糖…(塩の半分)
・ブラックペッパー…適量
・ハーブ…好みのものを適量
・白ワイン…400cc
■燻製材
・道具
■工程表
・所要時間10日間
→塩漬け=24時間
→塩抜き=0分(軽く水でそそぐ)
→風乾燥=1日(冷蔵庫で)
→燻製=60分(70~80度)
→風乾燥=冷蔵庫で7日間
→完成

▼Let's ヒイカ燻製

1

▼ヒイカと冷凍スルメイカ
ヒイカだけでもいいのですが、個人的にゲソが好きなのでスルメイカのゲソも購入。しかしゲソは安いな~。イカゲソ燻製は完全オヤジですが…これも堪らない旨さです。
2

▼さばきます
今回さばきましたが、丸ごとソミュールに漬けてもOK
3


▼ソミュール漬け
イカには焼酎が一番合う!最近気づきました!おススメソミュール液です!とりあえずジップロックに入れて冷蔵庫で1日寝かせます。
4



▼1日冷蔵庫で風乾燥
1日後軽く流水で洗い流してキッチンペーパーでしっかり水気をふき取ります。次にクリップを使ってイカを吊るします(上記写真参照)。竹串に直接刺してもいいのですがクリップの吊るしはかなり楽でおススメです!後は冷蔵庫で1日風乾燥。冬場なら外がおススメ!乾燥が速いです!
5


▼燻製工程
本来40~50度で1.5時間ほどしたい所ですが時間が面倒なので手抜きで60分。しかもサクラのチップがないことに気づきスモークウッドを割って電熱器で燻製!黒いのはピートチップ!このヒイカ燻製にはピートのフレーバーは欠かせない!
6

▼燻製完了

今回燻製前の風乾燥が甘かったので燻製中に水分がかなり出ました。燻製は最低限、食材の表面が乾いていることが必須条件。冷蔵庫での風乾燥の場合は、風がある外とは違い、脱水速度が遅いです。あまり脱水されてないようであれば2~3日程冷蔵庫で脱水させてください。

7
▼風乾燥1~7日

燻製後更に一日~風乾燥をさせます。
冬場なら外で、それ以外であれば冷蔵庫で脱水させます。基本的に風乾燥の日数が長ければソフトタイプの燻製からハードタイプの燻製になります。好みに合わせて脱水させてください。

8

▼いい感じに仕上がりました。

今回は燻製後の風乾燥を2日だけにして、ソフトタイプのイカ燻製に仕上げました。ハードタイプが好きな方は冷蔵庫なら7日程風乾燥をさせてください!

▼実食!
ヒイカの燻製は本当に美味しいです。
ピートの強い煙の香りが更にお酒を美味しくしてくれます。ウイスキーに抜群に合う燻製です。
上に戻る