フェタチーズの作り方

フェタチーズを作る

CLUB CHEESE! > 塩漬けチーズ

最高の酒のつまみです!

ギリシャのフレッシュチーズ・FETA
フェタチーズは山羊、羊の乳を使って作るフレッシュチーズだが、日本で手軽に作るには牛乳を使うしかないです。ただ塩味の強いFETAチーズ。正直牛乳で作っても味は同じです。
味は最高!酒飲みにおススメです。またフレッシュチーズを作って余った場合の保存にも最適です。
材料
・牛乳…1000㏄
・レモン汁…大さじ4 or クエン酸…3g
・塩
道具(※要煮沸消毒)
・ボウル
・ステンレス鍋かホウロウ鍋
・オタマ
・布
・ザル
・温度計
・塩漬け用容器

▼フェタチーズ作りSTART!

1
カードを適当な型にいれて固める
カードは何で作ってもOKです。カード作りまではコチラのレシピから選んで作ってください。
・布で水分を絞り切ったカードを、容器等に入れ型取りをします。
2
塩漬けします。

本来のフェタチーズは塩水に浸けますが、アンチョビを作るような感じで、塩に漬けた方が、脱水が早いです。塩に漬け込んでから2~3日後には仕上がっています。
※自分は常温で保存していますが、安全を考えるなら(特に夏場)、冷蔵庫がベター。

3
3日後:カチカチです。
3日後完璧に仕上がっています。塩味が強いので、調味料代わりに使うか、水に30分位浸して、塩抜きをすると食べやすいです。またこの状態から、キューブ状にカットしてオリーブオイルに漬け込むのもアリです。
4
酒飲みならそのまま食べる。
塩味が強いので、これだけで充分つまみになります。 コスパを考えても市販品より作った方が断然安いので、これはお勧めです!
起源は紀元前8世紀

フェタチーズはギリシャ最古のチーズ。
2002年にPDO認証。
ギリシャは温暖な気候の為、フレッシュチーズを塩漬けにして保存をした。環境に応じて作られたチーズだが、他のフレッシュチーズが名前は違えど、同じような物ばかりなのに比べ、個性的で塩味が強い。料理に使えばアクセントになる。

典型的なフェタチーズ:100g辺りの栄養
・264キロカロリー
・炭水化物:4グラム
・脂肪:21グラム
・タンパク質:14グラム
・ビタミン
ビタミンA 422 IU
リボフラビン(B 2) (70%) 0.84ミリグラム
パントテン酸(B 5) (19%) 0.97ミリグラム
ビタミンB 6 (32%) 0.42ミリグラム
ビタミンB 12 (71%) 1.7μgの
・ミネラル
カルシウム (49%) 493 mgの
ナトリウム (74%) 1116ミリグラム
亜鉛 (31%) 2.9 mgの

上に戻る