ダンボール燻製器
燻製の作り方レシピ
レシピ検索TOP>ダンボール燻製器の作り方

0円でダンボール燻製器を作る!

段ボールで燻製器作り。とりあえず燻製をやってみようかなというので有ればこれで充分です。
今回は段ボール燻製器でもちょっと凝った物を紹介していますが、簡単に作ろうと思えばスモークウッドに段ボールを被せて食材を吊るすだけで充分だ。
ダンボール燻製器の利点は、アウトドアで使う場合たたんで持って行き、最後は燃やしてしまえば荷物にならない。しばらく使わないのであれば捨ててしまえば邪魔にもならない。とにかく管理が楽だ。
ただ一つ注意点が有る。段ボールなので火には充分注意が必要。昔キャンプで段ボール燻製器を使用したとき…しばらく目を離したら段ボールが跡形も無く灰になっていた事がある。

準備するもの&工程表
使用する道具
養生テープもしくはガムテープ
カッター
木の棒
燻製材
工程表
所要時間:30分
1.道具の準備
2.けがき
3.加工
4.組立て

簡単一斗缶燻製器の作り方

コメリさんのダンボール燻製器設計図
すばらしいです。コメリHP
スモークウッドで燻すだけ。
チップは不可です。
簡易バージョン燻製器
箸や木の棒、BBQの串なんかを2本貫通させその上に網を置く。網が無ければざるや籠でもオッケー!これなら作れますよね。
さらに!簡易バージョン燻製器
ダンボールの四隅を竹串や箸などで貫通させ(赤囲み部)その上に網を置く。これも簡単ですが充分本格燻製が出来ます!
最高に簡易バージョン
ダンボールを被せるだけ。いやこれでも充分燻製は出来る。燻製は煙が旨く循環する事が必須なので上部の煙抜けの穴さえ空ければいいって事です。
アイディア燻製器
ダンボールにイラストを描いたり、ダンボールに煙突をつけたり、器用な方は遊び心満載ですね。
進化系ダンボール燻製器
もはや買ったほうが早い気もする。
おススメ!ロッカー燻製器!
と言う事で段ボールでもちょっと手間をかければかなり立派なスモーカーが出来上がります。ただメンドウなら段ボールを被せる様な方法でも全く問題有りません!言ってしまえばバケツやボールなんかを被せてスモークウッドで燻せば燻製は出来てしまいます。
ちなみに段ボールなら小型スモーカーですが、本格的大型スモーカーになりうる物でオススメはロッカーやタンス。特に観音開き系のタンスでいらないものがあれば立派なタンス燻製器になります。さらに木は煙のタールなども吸収すると言われ燻製に適しています。またロッカーに関しては1人用のジムに有る様なロッカーはかなりいいです。背丈が有るため熱源からはなせる為冷燻も簡単!そう考えると箱もので扉があれば大概燻製器になりますね~。
ダンボール燻製器で本格燻製も作れます。
ちなみにダンボール燻製器でも充分本格的な燻製が作れます。
生ハムだって、スモークサーモンだって、ベーコンだって!熱燻製以外は何でも作れます。
手作り燻製器のまとめ
上に戻る