サワークリームとクリームチーズ作り方

自家製サワークリームとクリームチーズ

CLUB CHEESE! > グレープフレーツの酸で牛乳を固める

ホエイも美味しい!全てが美味しいチーズレシピ!

レモンでは無くグレープフルーツジュースが決めて

酸変性で牛乳のたんぱく質を凝固させる。
これまでチーズ作りに使用した果汁は、レモン汁、ブドウジュース、りんごジュース。
各種特徴があるが、クリームチーズやサワークリーム作りには、このグレープフルーツが最適である。レモンほど酸味がなくブドウやりんご程甘くない。

クリームチーズとは
生クリームまたはクリームと牛乳の混合物から製造した非熟成の軟質チーズ。栄養分の内分けは水分55%以下、脂肪33%以上、たんぱく質10%、食塩0.8〜1.2%。
サワークリームとは
生クリームを乳酸菌で発酵させることで作る乳製品。乳脂肪は20%程度。自家製で作るなら、生クリームにヨーグルトを入れると、簡単にそれっぽいのが出来る。
材料
・ヨーグルト…400g位
・クリーム…200㏄位
・牛乳…500㏄位
・グレープフルーツジュース…400㏄
道具
・ボウル
・ザル
・布(濾す用)
・ステンレス鍋or鋳物鍋(保温性が必要)
・温度計(必須)
出来上がるクリームチーズの量
・500g前後(使用する材料で異なる)
1
スーパーで全てが揃う。
・明治ブルガリアヨーグルト400g
・雪印メグミルク500㏄
・ドール・グレープフルーツジュース200㏄×2
・雪印フレッシュ200㏄
2
牛乳+ヨーグルト+生クリームを80度まで温める。
弱火で攪拌しながら温めます。温度計がなければ、沸騰しない程度でOKです。
3
カード保温
温まったらグレープフルーツ投入
グレープフルーツ400㏄を入れて、引き続き弱火で温度を保ちつつ、10~15分ほど攪拌します。大体5分位で、牛乳が、もろもろとしてきますが、ヨーグルトとクリームの乳脂肪が多いので、凝固の確認が分かりづらいです。
15分位攪拌したら、火を止め蓋をし15分ほど放置します。(時間がなければ放置しなくてもいいですが、じっくり作ると美味しく仕上がります)
4
ボウル、ザル、布と重ね、牛乳を濾します
一気に牛乳を入れるとあふれてしまうので、濾しながら、徐々に入れていきます。
5
ホエイが美味しい!
最初はホエイが直ぐにたまるので、ボウルから取り出します。
グレープフルーツで牛乳のカゼインを凝固させた場合、残ったホエイタンパクはグレープフルーツ味で非常においしいです。筋トレなどしている方には最良のプロテインとなります♪
6
冷蔵庫で24時間ホエイを自重排出。
夏場であれば冷蔵庫で24時間ホエイを排出させます。
カッテージチーズと異なり、乳脂肪が多いため、圧搾によるホエイの排出は向いていません。ここはじっくり、ホエイを排出しましょう。
※サワークリーム風を作るのであれば3時間位でOKです。
7
24時間後:完成。
ホエイはほぼ排出され濃厚なクリームチーズが完成。
▼食べ方は…
そのまま食べたり、パンに塗ったり、塩OR砂糖を練りこんだり…勿論これでチーズケーキを作ってもいい。
ちなみに今回はパウンドケーキを作りました。
自家製クリチでパウンドケーキ作り!
1
自家製チーズでパウンドケーキ
日清のパウンドケーキミックスを使用!
日清のパウンドケーキミックスを使用。
これは本当に簡単でおすすめ。
レシピ通り作ればOKですが、レシピのバターの代わりに出来上がったクリチを使用します。通常バターと同じ量が間違いないのですが、クリチを500g位入れても美味しく出来上がります。
▼上記写真は…
・日清パウンドケーキミックス
・卵2個
・水40㏄
・クリームチーズ500g
上記をブレンドし、オーブン170℃で50分焼き上げたもの。適当に作ってもそれなりに美味しくできます。ずぼらな人には特にお勧めです。

グレープフルーツ味のパウンドケーキ

仕上がったパウンドケーキはグレープフルーツの味がほんのり残り、上品な味に仕上がります。出来立ては、激美味しいですし、寝かせるとしっとりクリーミーでこれまた旨い。

▼酸変性を利用したチーズLINK

▼自家製チーズ作りのLINK集

上に戻る